吉田 浩二さん

◆リッキービジネスソリューション株式会社
取締役企業支援部長 中小企業診断士

リッキービジネスソリューション株式会社は、平成14年5月設立のコンサルティング会社。銀行出身者を中心としたスタッフが、「金融機関と企業の間の通訳」的立場で、銀行・企業相互にWIN-WINの関係構築を行い経営の安定・成長・発展を図るサポートを行っている。企業再生・経営改善業務については、中小企業庁が認定する経営革新等支援機関として、中小企業再生支援協議会の案件を始め多くの案件を取り扱っている。
■HP http://www.rickie-bs.com/

プロフィール

1997年 広島銀行入行。東京支店・本店営業部にて法人融資渉外業務に従事。2010年より現職。中小企業向けの財務・銀行取引・事業再生に関するコンサルティング業務を担当。金融機関、中小企業再生支援協議会等を通じた専門家派遣業務などに従事。金融機関向け研修、会計事務所・法律事務所と連携したセミナーなど多数開催。
著書 『金融機関との取引を円滑に進める方法』(金融財政事情研究会)
共著 『事業性評価に基づく 取引先の見方・支援の進め方』(近代セールス社)
吉田 浩二さんから読者の皆さんへのメッセージ
今、融資渉外担当の皆さんには『事業性評価』に基づく融資の推進が求められています。これは、取引先企業の製商品、商流、業務の流れなどを把握することで強みや課題を発見し、その成長や解決に向けて融資や助言を行おうということです。つまり、受け身ではなく、経営者と一緒に資金需要を創出することだと言えます。
皆さんにとっては、短期的な成果につながりにくいこともあり回り道に思えるかもしれませんが、長期的な視点で考えると、金融機関が地域で安定した経営を続けるためには地元企業の成長が欠かせません。よって、まずは企業経営者としっかりと話をし、事業内容を理解することから始めましょう。これが結果として、金融庁が求める事業性評価やベンチマークへの対応につながりますし、取引先に選ばれる金融機関になるためにも必要です。
皆さんにとっても今がチャンスです。しっかりと取引先の事業を把握し、取引先企業、自金融機関、そして自身の成長につなげていきましょう。