ブックタイトル2017 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
10/90

このページは 2017 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている10ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017 近代セールス社通信教育総合ガイド

テキスト構成と主な学習内容学習のねらいこんな方にお勧めします1 個人向けローンの基礎知識・住宅ローンの推進第1章 個人向けローンの重要性個人向けローンの推進は極めて重要な業務/「住宅ローン」は個人向けローンの9割を占める/個人向けローンの特徴と銀行の対応第2章 個人向けローンの基礎知識個人向けローンの業務プロセス/大切な説明責任【業務遂行上、遵守すべき義務】/住宅ローン市場と住宅ローンの種類第3章 個人向けローンの推進大切な窓口の対応/ライフサイクルに応じて変化する借入ニーズをとらえる/自行庫の取引情報は最も重要な情報/肩代わりの推進第4章 住宅ローンの推進(1)住宅ローンの内容を知る/重要な不動産業者との情報交換/リフォームローンの推進/アパートローンの推進/高齢者には親子リレー住宅ローン第5章 住宅ローンの推進(2)肩代わり工作は団地・アパート居住者に的を絞る/登記簿のチェックで肩代わり先を選定/買い替え時の顧客への推進/公的住宅融資制度の活用を知る/キメ細かな節税コンサルティングも不可欠2 個人ローン(狭義)の推進及び個人向けローンの審査・管理第1章 個人ローン(狭義)の推進カードローンの推進/フリーローンの推進/教育ローンの推進/自動車ローンの推進/トラベルローンの推進/ブライダルローンの推進第2章 個人向けローンの審査個人向けローンの審査/住宅ローンの審査/貸出に当たって特別な注意を要する人第3章 個人ローンの管理・回収大切な事後管理/不良化の兆候と原因/延滞督促と管理上の留意点/延滞先への対応のポイントと留意点/特殊な債権管理/サラリーマン債務者への強制取り立て/内容証明郵便による督促第4章 消費者ローン契約書のポイント解説 初めて個人ローンセールスに取り組む初心者の方。個人ローンに関し、商品知識から推進方法、管理回収までを体系的に習得したい方。商品知識と推進ポイント&管理回収ノウハウ個人向けローンの営業に強くなる講座●教材(配付内容)テキスト2冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師野口能孝受講期間2ヵ月/ 3ヵ月添削指導2 回/ 3 回受講料9,720円/11,880円(いずれも税 込) 金融機関にとって、収益の大きな柱の一つが個人向けローンです。本講座では、住宅ローンやカードローンなど、個々の商品に対するニーズと具体的な販売方法のほか、販売時の説明責任や延滞管理、督促方法などについて解説します。 (内容・項目については、一部変更となることもございます)新講座(2017年4月開講)NOW PRINTING !