ブックタイトル2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
15/94

このページは 2018 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている15ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

融資・経営アドバイスコース融資先の分析から資金ニーズの発掘まで徹底解説!自己査定を通じた融資推進&経営アドバイスが分かる講座こんな方にお勧めします法人向けの融資業務を担当しており、融資の提案や経営アドバイスによってお客様から信頼を獲得したいとお考えの方。学習のねらい自己査定を行う際、営業店の法人担当者は融資先の現状について分析しなければなりません。本講座では、自己査定の基本知識や具体的な進め方、融資先の分析方法などを徹底解説。さらに、融資先の経営改善に役立つアドバイスのポイントや融資推進の進め方についても紹介していきます。受講期間2ヵ月/3ヵ月添削指導2回/3回受講料9,720円/11,880円(いずれも税込)●教材(配付内容)テキスト2冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師佐藤良道(フィナン・コンサルティング代表)井村清志山本明彦(中小企業診断士)テキスト構成と主な学習内容1自己査定の基礎知識&進め方のポイントプロローグ融資先の実態を把握して様々な提案を行おう第1章自己査定の基本&進め方を理解しようQ&Aで理解する自己査定の基礎知識/自己査定における担当者の役割は何か/こんな点に留意して債務者区分を判定しよう/資産分類を行う際の留意点を押さえよう第2章債務者区分を判定するための定量面の分析方法損益計算書と貸借対照表の仕組みを理解しよう/損益計算書における判定のポイント/貸借対照表における判定のポイント/試算表も取り受けて債務者区分を決めよう/条件変更先における債務者区分の判定方法第3章債務者区分を判定するための定性面の分析方法日ごろから実態を見極め判定の際に役立てよう/融資先のココに着目してヒアリングしよう/経営者の資産状況はどのように把握するか/業界の動向も踏まえて債務者区分を判定しよう/定性面を債務者区分に反映させる際の留意点2実態を踏まえた融資提案&経営アドバイスのポイント第1章融資の提案にも役立つ資金繰りアドバイス経営課題に応じてアドバイスを行おう/資金繰りを改善するアドバイスのポイント/主な業種の資金繰りを理解しておこう/資金繰り表の見方と作成アドバイス/貸借対照表を再構築する方法を考えてみよう第2章融資を通じて経営改善の実現をサポートしよう自己査定を行う中で資金ニーズを発掘しよう/ケース別に見る融資案件の進め方第3章経営改善を実現するためのアドバイスの進め方アドバイスを通じて経営改善に貢献しよう/外部機関等も活用して融資先を支援しよう/ケース別に見るアドバイスのポイント/経営改善の実現後も融資を通じてサポートを(内容・項目については、一部変更となることもございます)