ブックタイトル2017 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
19/90

このページは 2017 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている19ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017 近代セールス社通信教育総合ガイド

テキスト構成と主な学習内容学習のねらいこんな方にお勧めします1 事業性融資先獲得の基本第1章 事業先開拓に求めるもの事業性融資先とは何か/推進の目的/推進の狙い第2章 事業性融資先獲得活動の流れ推進方法の決定/開拓先の選定/情報収集/情報資料の準備/開拓活動スケジュールの計画立案/開拓活動の実施/進捗状況の確認・改善第3章 事業性融資先獲得活動の実際開拓活動に必要なこと/顧客を起点とした営業/開拓活業のSTEP2 推進活動のポイント第1章 推進活動の心得事前準備の重要性/面談の実現/推進活動の心得/提案・審査第2章 面談をスムーズに進めるための話の仕方営業力とは何か/好まれる話の仕方・聞き方/信頼を生む話の仕方・聞き方/代表者を注意深く観察する/褒める材料を見つける/代表者と共通の話題を探る/必要な情報を提供する/経営者の悩みや問題・課題を探る/面談時の基本的な姿勢/注意したい話題/「聞く」ことの大切さ/次回訪問に結びつける/気をつけたい“自慢”と“批判”第3章 経営者のタイプ別にみる接し方のポイントタイプによる分類/紳士的で温厚なタイプ/自己中心的なタイプ/無口な頑固者タイプ/自信満々のやり手タイプ/調子がよい太鼓持ちタイプ/優柔不断タイプ/強面タイプ第4章 ケース別・面談トーク例メイン金融機関に満足している事業先/金融機関はどこも同じと思っている事業先/過去の経験から金融機関に不信感を持っている事業先/過去のトラブル等が原因で取引解消となった事業先/経営者等の不在が多い事業先/マル保融資に偏っている事業先/融資枠が残っていない事業先/条件変更を行っている事業先/経営に悩みを持つ事業先 渉外・融資担当者の方。特に、事業性融資の新規開拓を推進したいと考えている方。開拓の手順と面談トーク例取引機会を逃さない事業性融資の進め方講座●教材(配付内容)テキスト2冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師奥山文雄黒木正人新渡戸信 法人新規開拓が困難な中、融資増強を推進するための布石として、取引機会を逃さず事業先融資先数を増やしていくことが重要になっています。本講座では、事業性融資を推進していくために必要な考え方、具体的なノウハウを学びます。 (内容・項目については、一部変更となることもございます)受講期間2ヵ月/ 3ヵ月添削指導2 回/ 3 回受講料9,720円/11,880円(いずれも税 込)融資・経営アドバイスコース