ブックタイトル2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
20/94

このページは 2018 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている20ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

融資・経営アドバイスコース条件変更をビジネスチャンスに変えるノウハウ満載!融資の条件変更に強くなる講座こんな方にお勧めします渉外・融資担当者から管理者クラスまで、融資業務に携わるすべての方。学習のねらい経済状況の悪化に伴い、条件変更を申し出る融資先が増えてきています。金融機関においては、金融検査マニュアルに則った適切な対応が求められるところです。本講座では、条件変更を行う際の可否判断と留意点、経営改善計画書の作成アドバイスおよびモニタリングの方法等を解説します。※日本FP協会AFP・CFP R継続教育認定講座受講期間2ヵ月/3ヵ月添削指導2回/3回受講料9,720円/11,880円(いずれも税込)●教材(配付内容)テキスト2冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師奥山文雄河合雅之飯山高康新渡辺信テキスト構成と主な学習内容1条件変更を行うための基礎知識と実務処理序章条件変更増加の背景と金融機関の役割条件変更案件が増加してきた背景は何か/条件変更に対して前向きな姿勢を第1章金融検査マニュアルの内容を理解するそもそも金融検査マニュアルとは何か/債務者区分を理解する/金融検査マニュアル別冊の改正点と金融機関に求められる対応第2章条件変更の受付から実行までの流れ申込の受付から可否判断まで/変更内容の確認と保証人等への説明/条件変更実行後の融資先へのモニタリング第3章可否判断を行うための融資先の実態把握のポイントまず変更申し出の内容を確認する/融資契約内容の精査と実務上の留意点/実態把握に必要な定量面のチェックポイント/実態把握に必要な定性面のチェックポイント/経営悪化の原因究明と経営改善計画の立て方2経営改善計画書の見方と条件変更後のモニタリング第1章経営改善計画書の作成アドバイスのポイントと留意点経営改善計画書とはどのようなものか/経営改善計画書作成のルールを理解する/具体的な作成アドバイスと留意点/行職員が作成する場合の留意点第2章業種別に見る・経営改善計画書の見方経営改善計画書の見方を改めて確認する/製造業/建設業/運送業/卸売業/小売業第3章モニタリングの実行と留意点モニタリング実行体制の整備と営業店の役割/定性面はここをチェックする/経営陣への定期的なヒアリング/工場・倉庫等の実査はこう行う/危険信号の発見の仕方と対応法第4章可否判断後の実務処理と留意点変更条件を話し合う際の説明ポイント/債務者、保証人、保証協会等への説明と手続き上の留意点/条件変更を謝絶する場合の留意点/申入れ・謝絶する場合の具体的説明方法(内容・項目については、一部変更となることもございます)