ブックタイトル2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
22/94

このページは 2018 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている22ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

融資・経営アドバイスコース取引先の実態を把握し将来像を描く事業性評価融資に対応!説得力ある稟議書の書き方講座こんな方にお勧めします若手の渉外・融資担当者の方。事業性評価融資に基づく取引先の実態把握や、稟議書の書き方について学びたい方。学習のねらい不況が続く現在、企業の現状をしっかり把握し、その上で将来像をある程度予測して書かれた稟議書でなければ、審査を通ることは困難です。本講座では、取引先の実態把握方法や将来像等の「所見欄」作成ノウハウなど、説得力ある稟議書を書くための手法を学びます。受講期間2ヵ月/3ヵ月添削指導2回/3回受講料9,720円/11,880円(いずれも税込)●教材(配付内容)テキスト2冊/別冊1冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師河合雅之黒木正人野口能孝テキスト構成と主な学習内容1稟議書の基本と取引先の実態把握序章融資における稟議書の持つ意味とは取引先の将来を判断するのが稟議書第1章若手行職員に見られる稟議書の問題点真の資金使途がつかめていない/具体的なことが書かれていない/事実をすべて書いていない第2章そもそも稟議書とは何か融資決定までのプロセスと稟議書/稟議書は企業の将来を描くシナリオ/シナリオを書くために必要なものは何か第3章企業の今をどう把握するか資金使途の5W1Hを確認する/財務諸表をどう判断するか/企業の長所・短所を見るポイント/企業の将来性を見るポイント第4章業種別・実態把握のポイント製造業/建設業/運送業/卸売業/小売業/病院2稟議書の作成方法と所見欄のポイントない項目は何か/稟議書を書く上での留意点第3章所見欄作成のポイントそもそも所見欄とは何か/所見欄にシナリオを盛り込むポイント/所見欄を書く上での留意点第4章事業性評価と稟議書の書き方事業性評価融資とはそもそも何か/事業性評価に基づく稟議書の書き方/融資稟議における業種別事例(製造業/建設業/卸売業/医療法人)別冊資金使途別・稟議書の書き方サンプル集必ず書く項目と添付書類一覧/商業手形割引稟議〔極度〕/商業手形割引稟議〔個別〕/運転資金手形貸付〔経常運転資金〕/運転資金手形貸付〔増加運転資金〕/運転資金証書貸付〔プロジェクト資金〕/運転資金手形貸付〔季節資金〕/運転資金手形貸付〔決算資金〕/運転資金手形貸付〔賞与資金〕/設備資金証書貸付〔整理・合理化資金〕/設備資金証書貸付〔設備保全資金〕/他行肩代わり資金/つなぎ資金/赤字資金・在庫資金/条件変更稟議〔返済期間の変更〕/条件変更稟議〔貸出金利の変更〕/起業・開業資金第1章稟議書はどう読まれているか上司・役席者はどう読むのか/審査担当者はどう読むか第2章稟議書作成のポイント稟議書を書くために必要な書類/必ず書かなければなら(内容・項目については、一部変更となることもございます)