ブックタイトル2017 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
23/90

このページは 2017 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている23ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017 近代セールス社通信教育総合ガイド

テキスト構成と主な学習内容学習のねらいこんな方にお勧めします1 信頼される担当者になる秘訣と決算書の正しい読み方第1章 法人融資と決算書融資の鉄則/融資担当者の掟/「良い企業」とは/融資担当者と決算書第2章 決算書を読むためのコミュニケーション能力コミュニケーションの重要性/面談時のコミュニケーション/決算書に対するコメント/〈マンガで学ぶ〉決算書を受け取ったときの会話術第3章 法人融資担当者に求められる決算書の読み方キャッシュ・フローを読む/決算書を巡る誤解第4章 貸借対照表の本当の読み方貸借対照表の理解を阻む壁/読み方の二つのポイント/貸借対照表とカネの関係/貸借対照表の基礎知識第5章 損益計算書の本当の読み方損益計算書の理解を阻む壁/損益計算書を読むコツ/どの利益が重要か/損益計算書の基礎知識2 キャッシュ・フローの理解と資金運用表の活用第1章 キャッシュ・フローの掴み方第1ステップ=損益計算書とキャッシュ・フロー/第2ステップ=貸借対照表とキャッシュ・フロー/第3ステップ=評価と将来の予測/演習問題/キャッシュ・フロー計算書/より深くキャッシュ・フローを理解する/法人に関する税の基礎知識/〈マンガで学ぶ〉新規貸出セールス先との会話術第2章 事業資金融資の必要性と償還財源融資を必要とする根本原因/借入金返済の原理/コンサルティング機能とは第3章 融資を推進するための最大の武器は資金運用表資金運用表とは何か/資金運用表の活用/貸出の返済能力を考える第4章 資金運用表を活用して融資を推進する実践例大きな設備投資が行われる年度/特に大きな設備投資がない年度 新たに法人新規開拓に取り組もうとされている新人の方。法人新規開拓で思うような成果が得られず、有効なアプローチ方法を求めている方キャッシュ・フローを正しくつかむための決算書の読み方本当に〈貸せる会社〉を見分けられる講座●教材(配付内容)テキスト2冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆石川英文(TCHコンサルタンツ株式会社代表取締役) 受講期間2ヵ月/ 3ヵ月添削指導2 回/ 3 回受講料9,720円/11,880円(いずれも税 込) キャッシュ・フローを正しくつかむための決算書の読み方や、決算書の収受に伴う経営者等とのコミュニケーションのあり方、さらには「資金運用表」を活用して将来の資金ニーズを発見し、より多くの貸出セールスチャンスを獲得するためのノウハウを身につけます。 (内容・項目については、一部変更となることもございます)融資・経営アドバイスコース