ブックタイトル2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
3/94

このページは 2018 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

新講座(2017年7月開講)取引先の事業性をしっかり理解・共有する!社長と「二人三脚」で進める強みを伸ばす経営支援アドバイスこんな方にお勧めします営業店の渉外担当者。その中でも取引先の実態把握を進めたい方、社長との距離を縮めて金融サービスの提案につなげていきたい方。学習のねらい本講座では、「社長と担当者が、共に取引先を深く理解する」ための方法を、ステップ別に分かりやすく見ていくとともに、それを「社長との共通認識にする」ためのポイントを解説。さらに、実態把握を踏まえた支援アドバイスについても、具体的な事例を交えながら学習します。受講期間2ヵ月/3ヵ月添削指導2回/3回受講料9,720円/11,880円(いずれも税込)●教材(配付内容)テキスト2冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師大山雅己(ジュピター・コンサルティング株式会社代表取締役)テキスト構成と主な学習内容1取引先の強みを社長と一緒に理解するPART1対話を通じて取引先の事業性を共有するメリットを理解しよう渉外担当者に求められる役割を理解しよう/こんな会話を展開して対話を行うメリットを理解してもらおうPART2社長との対話を4つのステップで「情報共有シート」にまとめよう情報共有シートを作成する目的と活用方法を理解しようPART3ステップ1・企業概要を深掘りして社長との距離を縮めようマンガ・こんな会話で社長と「企業概要」を共有しよう/取引先の企業概要を把握する目的を理解しよう/企業概要に関する対話はこんなトークで共有しようPART4ステップ2・業務フローを理解して強み・弱みを把握しようマンガ・こんな会話で社長と「業務フロー」を共有しよう/取引先の業務フローを把握する目的を理解しよう/業務フローに関する対話はこんなトークで共有しよう/取引先の強み・弱みはこう整理しよう/強み・弱みに関する対話はこんなトークで共有しよう2共有した強みを活かした支援策を提案するPART1ステップ3・取引先をとりまく外部環境から「機会」と「脅威」を理解しようマンガ・こんな会話で社長と「外部環境」を共有しよう/取引先の外部環境を把握する目的を理解しよう/外部環境に関する対話はこんなトークで共有しようPART2ステップ4・内部環境・外部環境を整理し今後の方針・戦略を社長と共有しようマンガ・こんな会話で社長と「今後の方針・戦略」を共有しよう/今後の方針・戦略を把握する目的を理解しよう/今後の方針・戦略に関する対話はこんなトークで共有しようPART3情報共有シートに情報をまとめ金融サービスにつなげよう対話で認識・共有した情報を「情報共有シート」に転記しよう/共有した情報がどんな金融サービスに結びつくか考えてみようPART4事例で学ぶ・取引先への経営支援はココがポイントベンチャー支援/リレーションシップバンキング支援/事業承継支援/知的財産支援/マーケティング支援/人材強化支援/事業再生支援(内容・項目については、一部変更となることもございます)