ブックタイトル2017 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
34/90

このページは 2017 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている34ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017 近代セールス社通信教育総合ガイド

テキスト構成と主な学習内容学習のねらいこんな方にお勧めします1 経営者と信頼関係を構築する会話の進め方第1章 なぜ事業性評価融資を行なう必要があるのか取引先の課題を踏まえ資金面でのサポートを/ひと目で分かる事業性評価融資の進め方第2章  経営者との会話&課題抽出に役立つ情報の集め方会話や課題抽出のために事前に情報を集めよう/自行庫のココを見て取引先の情報を集めよう/こんな情報を集めて取引先のことを知ろう/自行庫の外部からも情報を集めよう/外部から効率的に情報を集める方法/取引先をくまなく見て情報を集めよう/取引先のココを見て会話の材料を探ろう第3章 信頼関係を構築するための会話の進め方信頼関係を構築して考えを引き出そう/雑談を上手に利用して情報を集めよう/こんな話題に着目して会話を進めよう/役立つ情報を提供し信頼関係を構築しよう/経営者が関心を示す情報はコレだ!2 取引先の課題を踏まえた融資提案の進め方第1章 効果的なヒアリングによる情報の集め方雑談を上手く進めて必要な情報を集めよう/取引先のココに着目し実態を聞き出そう/取引先の弱みを上手に聞き出す方法第2章 取引先の課題を踏まえた資金ニーズの見分け方取引先の課題を発見し融資の提案につなげよう/取引先の課題は「比較」して発見しよう/課題が見つかる決算書分析のポイント/経営者の発言を確認し課題を見極めよう/同業他社等との比較で課題を発見しよう/事例で学ぶ資金ニーズの発掘方法/提案内容を押しつけず経営者の意見を聞こう第3章 事例で学ぶ事業性評価融資の進め方融資を提案する際のポイントを押さえよう/本部や外部と連携して案件を獲得しよう第4章 実態把握に欠かせない知的資産の評価方法知的資産を踏まえて企業を評価しよう/知的資産とは何か理解しておこう/主な知的資産の評価方法を押さえよう 融資獲得に向けて実績を上げたいとお考えの方。取引先の課題を分析する方法について分からないとお悩みの方。取引先の課題を分析して融資の案件につなげるノウハウが満載!経営者とのコミュニケーションを通じた事業性評価融資の進め方講座●教材(配付内容)テキスト2冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師栗林 淳井村清志小林弘尚受講期間2ヵ月/ 3ヵ月添削指導2 回/ 3 回受講料9,720円/11,880円(いずれも税 込) 事業性評価融資では、取引先の事業内容や成長可能性などに着目する必要があります。本講座では、事業性評価融資を実践するためには、どんな点に着目して経営者との会話を進めればよいか、会話の中から融資案件を発掘する方法などについて解説していきます。 (内容・項目については、一部変更となることもございます)※日本FP協会 AFP・CFPR継続教育認定講座融資・経営アドバイスコース