ブックタイトル2017 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
40/90

このページは 2017 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている40ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017 近代セールス社通信教育総合ガイド

テキスト構成と主な学習内容学習のねらいこんな方にお勧めします1 トラブルを防止する接客・販売時のポイントプロローグ  慎重な対応を心がけつつニーズを発掘しよう第1章 信頼関係を構築するための会話の進め方お客様の特徴を踏まえて応対しよう/セールスにつながる雑談の進め方はコレだ!/こんな話題を振って会話を進めてみよう第2章 後日のトラブルを防ぐ接客の進め方セールスの際には意思能力を確認しよう/家族の同席を求めトラブルを防止しよう/接客に悩むお客様への対応方法を押さえよう/家族の同席を拒むお客様への対応方法第3章 商品を販売する際のルールを押さえよう販売時のルールにはどんなものがあるのか/商品説明時の留意点をしっかり押さえよう/販売資料を活用する際の留意点を押さえよう/目論見書等の内容と説明する際のポイント第4章 面談記録を作成する際の留意点面談記録の重要性をしっかり理解しよう/サンプルで学ぶ面談記録の記載方法2 効果的なニーズ発掘&アプローチの進め方第1章 効果的なお客様ニーズの発掘方法高齢のお客様に特有のニーズを理解しよう/フローチャートで学ぶセールスの進め方/お客様の職歴をもとにニーズを発掘しよう/取引状況をきっかけにニーズを発掘しよう/家族構成をきっかけにニーズを発掘しよう第2章 資産運用に興味を持ってもらうためのアプローチどんな話題を振れば運用に興味を持つのか/資産運用に興味のないお客様へのアプローチ/遺言信託の仕組みとアドバイスのポイント/キャッシュフロー表の作成方法を押さえよう/自分の将来を考えるお客様へのアプローチ/家族に残すお客様へのアプローチの進め方第3章 アフターフォローでトラブルを防止しようトラブルの要因を踏まえてフォローしよう/アフターフォローを行う際の留意点/販売後に交付される書類のチェックポイント/商品を販売した後も意思能力を確認しよう 別冊 監督指針に対応した高齢者への預かり資産の勧誘ルールQ&Aで理解する高齢者への勧誘ルール/勧誘留意商品を勧誘する際の流れ/事前承認を行う際の主な留意点/勧誘留意商品を受注する際の留意点/年齢別に見る受注時のポイント/約定後の連絡を行う際の留意点/勧誘時におけるこんなときどうする/他 高齢のお客様への預かり資産提案力を高めたい方。高齢のお客様との間でトラブルを防止しながら、上手にニーズを発掘したい方。トラブルを防いで成果を上げるためのノウハウが身につく!高齢者への預かり資産セールスが得意になる講座●教材(配付内容)テキスト2冊/別冊1冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師向山 勇(金融アドバイザー)中島啓子(CFPR)藤本 壱(CFPR) 本講座は、高齢のお客様に預かり資産を販売する際のノウハウが満載です。どんなニーズがあり、どのようにアプローチすれば興味を持ってもらえるか、どうすればトラブルを防ぎながらセールスを進められるかなどが分かり、高齢のお客様に対して効果的なセールスを実践できます。受講期間2ヵ月/ 3ヵ月添削指導2 回/ 3 回受講料9,720円/11,880円(いずれも税 込)(内容・項目については、一部変更となることもございます)※日本FP協会 AFP・CFPR継続教育認定講座預かり資産推進コース