ブックタイトル2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
42/94

このページは 2018 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている42ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

預かり資産推進コースお客様のニーズ発掘・商品提案のスキルを高める!窓口・渉外担当者のためのこんな方にお勧めします新人から中堅の預かり資産販売担当者。声かけやアプローチのコツ、最適な商品の提案方法を学び、実績を向上させたい方。預かり資産セールスが得意になる講座※日本FP協会AFP・CFP R継続教育認定講座学習のねらい預かり資産セールスに必要なお客様への声かけ、ライフプランのヒアリングなど、運用ニーズを発掘するための手法を、トーク例を交えて解説します。最適な商品提案につなげるためのプロセスや、現在主流となっている「コア・サテライト戦略」に基づく運用提案についても学習します。受講期間2ヵ月/3ヵ月添削指導2回/3回受講料9,720円/11,880円(いずれも税込)●教材(配付内容)テキスト2冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師塩川治明(地方銀行資産運用部)中内将圭(地方銀行保険担当)平下淳(ファイナンシャルプランナー)山崎俊輔(ファイナンシャルプランナー)テキスト構成と主な学習内容1お客様のニーズ発掘と適合性の見極め方第1章預かり資産セールスの基本を理解しようなぜ預かり資産のセールスをするのか/預かり資産セールスの流れを理解する第2章運用ニーズを発掘するための声かけ&ヒアリングのポイントトーク例で学ぶ・こんなお客様に声かけをしてみよう(定期預金が満期を迎える/預金口座にまとまった資金が滞留している/個人向け国債が満期を迎える/退職金を受け取った/相続でまとまったお金が入った)/お客様の外見や取引履歴に注目して声かけを行おう/お客様のライフプランのヒアリングと問題点の把握/こんなトークをきっかけに資産運用の必要性を説こう(低金利/インフレリスク/老後資金/資産形成/相続対策/他)第3章資産運用の基本的な考え方投資の仕組みと基本知識/投資に与える影響第4章コア・サテライト戦略の重要性はこう説明するコア・サテライト戦略とは何か/なぜ重要か/どんなメリットがあるか/具体的にどのように運用すれば良いのか/お客様への説明トーク第5章適合性の確認方法と見極めのポイントお客様の適合性はこのように判断しよう/顧客カードから基本的な情報を把握する/適合性を判断するためのヒアリングの進め方/適合性を満たさないお客様への対応法2商品提案と販売ルールの基本第1章各商品の仕組みとお客様への説明ポイント公共債/外貨預金/投資信託/個人年金保険/保険第2章お客様に商品の選択肢を提案しよう投資志向・リスク許容度から見た商品の選択肢/商品選びに関するお客様の誤解の解き方第3章成功事例と失敗事例から学ぶ・お客様にとって最適な商品の提案(老後資金づくりに向けたコア・サテライト戦略による運用提案/相続税対策を切り口とした保険の活用/将来の資産形成に向けた若年層への運用提案)第4章NISAを活用した運用提案に強くなるNISAを活用した運用提案の進め方/NISAの活用はこんなトークで提案しよう/ジュニアNISAの仕組みと提案方法第5章基本的な販売ルールを押さえようセールスの中で守るべき基本ルール/乗換え勧誘時にはこんな点に注意しよう/高齢のお客様と取引する際の注意点/事例で学ぶ・販売ルールを甘く見るとこんな苦情・トラブルに発展する(内容・項目については、一部変更となることもございます)