ブックタイトル2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
54/94

このページは 2018 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている54ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

窓口・渉外スキルアップコース預かり資産や個人ローンの実績がグングン上がる!効率的に実績を上げられる!職域セールスが得意になる講座こんな方にお勧めします効率的に個人向け取引の実績を上げたいとお考えの方。どうすれば職域セールスの許可を得られるか分からないとお悩みの方。学習のねらい職域セールスについては、普段金融機関に来店しないお客様と多く接触できることから、取引の獲得において重要性が増しています。しかし、セールスの許可を得るのが難しいなど、ハードルも少なくありません。本講座では、職域セールスを成功させるためのポイントを解説していきます。受講期間2ヵ月/3ヵ月添削指導2回/3回受講料9,720円/11,880円(いずれも税込)●教材(配付内容)テキスト2冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師飯田道子(CFPR)加藤充也(金融機関向け研修講師)テキスト構成と主な学習内容1セールスの許可を受けるための下準備&交渉方法第1章なぜ職域セールスが必要なのか職域セールスの必要性を理解しよう/ひと目で分かる職域セールスの進め方第2章訪問先を決めて交渉に必要な情報を事前に集めようこのような方法で訪問先を選定しよう/自行庫の情報を使って訪問先を調べよう/融資取引がない会社の情報の集め方/福利厚生制度の有無を把握しておこう第3章取引先へのヒアリングで情報を集めようヒアリングによって新たな情報を集めよう/職域セールスに役立つ情報の聞き方/企業の特徴を理解して信頼を獲得しよう/取引先企業の実態を把握する際のポイント/項目別に見るヒアリングの進め方/商流図を作って取引実態を整理しよう第4章セールスの許可を得るための説得の仕方信頼関係を築いたうえで交渉を進めよう/周到な準備を行ない面談に臨もう/後押ししてくれるキーパーソンを探そう/メリットを提示して説得を試みよう/ケース別に学ぶ取引先を説得する方法/セールスの許可を渋る担当者への対応方法2効果的なセールスを進めるためのアプローチ第1章セールスの前に押さえておくポイント取引先と約束したルールは遵守しよう/職域セールスを実践するための3つの勘どころ/世代別に見るアプローチのポイント第2章チラシやアンケートを作ってアプローチしようチラシやアンケートで従業員の関心を引こう/関心を持ってもらえるチラシの作り方/アンケートを活用して従業員のニーズを探ろう/手に取ってもらうべく工夫を凝らそう/関心を示した従業員へのアプローチの進め方第3章多くの人が興味を示すセミナーを開催しよう関心を持ってもらえるテーマを設定しよう/多くの人が興味を持つテーマは何か/開催までの流れを踏まえ準備を進めよう/関心を持ってもらうレジュメの作り方第4章同僚を紹介してもらい取引を拡大しよう口コミで多くの取引を獲得しよう/社内で影響力のある人をどう見分けるか/こんな発言を聞いたら同僚を紹介してもらおう第5章ケース別に見るお客様へのセールスの進め方預かり資産のセールスはこのように進めよう/ローン商品のセールスはこのように進めよう(内容・項目については、一部変更となることもございます)