ブックタイトル2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
6/94

このページは 2018 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

新講座(2018年4月開講)キャリアプランの見直しとスムーズな職場復帰へ向けた準備〈夫婦で学ぶ〉仕事と育児を両立するための講座こんな方にお勧めします産休・育休に入る女性で、職場復帰後の育児との両立に関して準備しておきたい方。将来、仕事と育児を両立することを考えており、今から必要な準備等について学んでおきたい方。NOW PRINTING !学習のねらい出産・育児は、自分自身のキャリアの見直しを求められる大きな転機となります。復帰後のキャリアプランを検討するためのポイントとともに、「保活」や夫との家事育児の分担など、スムーズに職場復帰するために必要な情報収集や準備等について解説します。受講期間2ヵ月/3ヵ月添削指導2回/3回受講料5,400円/7,020円(いずれも税込)●教材(配付内容)テキスト1冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師社会保険労務士事務所あおぞらコンサルティング平岡亮子テキスト構成と主な学習内容第1章妊娠中に考えておきたいこと、知っておきたいこと1.復帰時期の目安を考えよう産休・育児休業はいつまでとる?/幼稚園や保育所はどうする?/復帰後のキャリアプランを想定しよう2.職場不在時の体制を作っておこうなるべく早めに職場に妊娠の報告/周囲とのコミュニケーションをよくしておく(仲間を信頼する)/他3.周囲の協力を得るための用意をしようパートナーとどんな家族を作っていきたいかを考えよう/両親、近所、友達などのコミュニティーを持つ/他4.事前に知っておきたい出産・育児に関する社会保障制度の基礎知識会社に確認すること/役所等に確認すること5.妊娠中の母体保護?子どもの命を守る行動とは6.“イクメン”の育て方産休中に家事育児を夫に教える→育児と家事分担/夫が得意な作業を見極める→産後の生活/両親学級などの活用→ママの葛藤/他※コラム:知っておきたい妊娠中の勤務制度第2章子どもが産まれたら知っておきたいこと?手続きの手順1.市区町村での手続き/2.自分の会社での手続き/*コラム:産科医療補償制度とは/3.夫の会社での手続き/*コラム:妻の出産時の夫の休暇第3章育児休業中に考えたいこと1.保活や預け先、復帰時期?保育所の目利き*コラム:保育所の入所手続きと費用2.会社の育児と仕事の両立支援制度を知っておこう様々な勤務制度/時短勤務のメリット・デメリット/他3.事例:会社の支援制度を使った仕事と育児の両立プラン4.家計の見直し収支の見直し/家計見直しのコツ*コラムもし、保育所に入所できなかったら(保育ママの活用)第4章職場復帰後をイメージしよう1.復帰後のキャリアプランを検討しよう働くことを見つめ直す/「出産、育児」という言葉、重くのしかかっていませんか?/他2.両立支援制度を利用した生活パターンをイメージしよう?夫を上手く巻き込む方法日々の送り迎え/病気の時の対応方法3.周囲の助けが得られやすいように工夫しよう?常に周囲に感謝し、仕事を続けるための周囲の助けを確保しよう4.知っておきたい小1の壁=保育所と学童保育の違い第5章家事育児の分担?夫と何を話し合い決めておくか1.夫と育児に関する考え方を擦り合わせておく2.家事育児の分担の決め方ポイントなぜ分担作業をしっかり決めておかなければならないか/家事育児分担を「見える化」する(「分担チェックシート」の活用等)3.より必要になる夫とのコミュケーション妻のストレス・夫のストレス(夫は協力者)/「ママのやりたいことリスト」の活用4.すぐに役立つ!育児家事のヒント&アイデア家具の配置を見直して片づけ上手に/便利家電の導入で家事負担を軽減/他5.育児の“イザ”という時に備える一時保育と病児保育/地域のファミリーサポート制度の活用/他(内容・項目については、一部変更となることもございます)