ブックタイトル2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
66/94

このページは 2018 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている66ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

個人ローンコース実務から相談対応・推進手法までをトータル学習!住宅ローンに強くなる講座〈6月から開講〉こんな方にお勧めします金融機関において住宅ローン業務を担当されている方。住宅ローンの実務と推進手法を身につけ、業績向上を目指す方。※日本FP協会AFP・CFP R継続教育認定講座学習のねらい収益向上に向け、各金融機関とも一段と受講期間推進に力を入れる住宅ローン。本講座では、1住宅ローンの基礎知識、2申込受付時・契約時の実務知識、3住宅ローンの推進方法とコンプライアンスへの対応など、住宅ローン業務の必要知識をトータルに学習します。3ヵ月添削指導3回受講料16,200円(税込)●教材(配付内容)テキスト3冊/添削課題・解答用紙(各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師下山繁昭大平高司澁井和夫山下和之/他テキスト構成と主な学習内容1住宅ローンの基礎知識第1章高まる住宅ローン推進の重要性注目される住宅ローンマーケット/住宅事情の変化と住宅ビジネスの動向/住公廃止で変化した住宅ローン戦線/新局面を迎えて高まる推進の重要性第2章住宅ローン商品の基礎知識商品構成と仕組み/住宅ローンの種類/住宅ローンの返済の仕組み/住宅ローンの借入資格/他第3章住宅ローンと金利体系貸出金利の仕組み/元利均等返済と元金均等返済の返済額計算/変動金利型住宅ローン/固定期間選択型住宅ローン/固定金利型住宅ローン第4章住宅ローンと担保・保証住宅ローンと担保/住宅ローンと保証人/案件別・資金使途別・担保物件別の担保対応第5章住公廃止と公的住宅ローン住公廃止と住宅金融支援機構の役割/公的住宅ローンの仕組みと特色/「フラット35」の仕組みと特色2住宅ローンの実務と関連知識第1章住宅ローン受付時の実務処理事務の流れとポイント/申込受付時の対応/必要書類徴求と内容のチェック/個人信用情報のチェック/他第2章住宅ローンの審査借入資格のチェック/返済能力のチェック/必要書類の確認と担保評価/保証会社の審査第3章住宅ローンの契約・実行と事後管理契約手続きと必要経費/実行手続きと抵当権の設定/事後管理と回収/関係書類保管の注意事項第4章フラット35の取扱いと留意点フラット35の利用条件等/親族居住用住宅等の利用条件/フラット35の手続きと留意点/フラット35Sの概要と利用条件/フラット35取扱いにおける基本処理第5章土地・住宅関連税制の基礎知識住宅の取得に関する税金/住宅の保有に関する税金/住宅の譲渡に関する税金/住宅関連の優遇税制第6章不動産に関する基礎知識不動産に関する法律知識/不動産取引に関する基礎知識/土地の利用に関する基礎知識/他3住宅ローンの推進と相談対応第1章住宅ローン推進の基本住宅ローン推進体制と役割分担/訪問活動による情報キャッチとセールス/職域訪問による情報キャッチとセールス/相談会の開催とローンセールス/他第2章借換提案による推進借換提案先の選定とアプローチ/試算表の作成と借換提案/提案事例にみる獲得のポイント/肩代わり前後の準備と手続き第3章業者アプローチによる推進業者対策のメリットと役割/取引開拓の基本手順と留意点/アプローチのポイントと留意点/提携住宅ローンの推進第4章住宅ローン相談Q&A資金計画に関する相談/商品選択に関する相談/フラット35に関する相談第5章トラブル対応とコンプライアンス手続きに関するトラブル/金利に関するトラブル/条件変更に関するトラブル/管理・回収に関するトラブル/ハウスメーカーの見極めによるトラブル防止/他(内容・項目については、一部変更となることもございます)