ブックタイトル2017 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
70/90

このページは 2017 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている70ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017 近代セールス社通信教育総合ガイド

テキスト構成と主な学習内容学習のねらいこんな方にお勧めします1 マイナンバー制度とはプロローグ  <マンガ>いよいよスタート!「マイナンバー制度」とは?企業や金融機関にも関係あるの?1.マイナンバー制度とはマイナンバー制度のメリット/情報の一元管理/他2.「個人番号」と「法人番号」個人番号とは/通知カードと個人番号カード/他2 マイナンバー法の概要プロローグ  <マンガ>マイナンバー法ってどんな法律??       どのような場面で個人番号を取り扱うのか1.特定個人情報・特定個人情報ファイルとは特定個人情報とは/特定個人情報ファイルとは2.個人番号利用事務と個人番号関係事務個人番号利用事務/個人番号関係事務3.個人番号・特定個人情報の取扱いの規制個人番号の利用ができる唯一の場面とは/特定個人情報を第三者に提供できる場面とは/他4.本人確認本人確認の原則論/本人確認の作業/他5.個人番号・特定個人情報に対する保護措置(情報管理)個人情報保護法との違い/特定個人情報の保護措置/他6.個人情報保護法との違い適用除外なし/利用、提供、収集、保管等に厳しい規制3 中小企業における「マイナンバー法対応」とはプロローグ  <マンガ>中小企業における「マイナンバー法対応」?顧客からの質問にはこう答えよう!1.マイナンバー法対応は「3ステップ」個人番号の収集/個人番号の保管/行政機関等への提出(委託に対する規制について)2.個人番号の収集従業員/従業員の控除対象配偶者・扶養親族/他3.個人番号の保管個人番号の廃棄・削除の義務/安全管理措置の前提/他4.行政機関等への提出第三者に委託する際の規制/必要かつ適切な監督5.導入チェックリストの活用4 金融機関行職員が知っておくべきことプロローグ  <マンガ>金融機関行職員が知っておくべきこと?       マイナンバー制度は金融業務にどう関わってくるの?1.個人番号の利用・提供と本人確認個人番号を利用してよい場面とは/特定個人情報を提供してよい場面とは/本人確認2.個人番号の収集・保管とその他の留意点収集・保管できる場面とは/特定個人情報ファイルの作成の制限とは/事務取扱担当者として注意すべきこと3.預貯金口座付番預貯金口座付番の義務づけに至る経緯/預貯金口座付番の内容/個人番号・法人番号付き預金情報の利用4.個人番号カードの利活用とマイナポータル「個人番号カード」と「個人番号」は違うもの/個人番号カードを使ったビジネス/他 マイナンバー制度に関する本部担当者および個人番号を扱う事務担当者。顧客の個人番号を取り扱うことになる営業店の行職員。制度の概要と実務上の留意点金融機関行職員のための「マイナンバー」がよく分かる講座●教材(配付内容)テキスト1冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師影島広泰(牛島総合法律事務所)受講期間2ヵ月/ 3ヵ月添削指導2 回/ 3 回受講料5,400円/7,020円(いずれも税 込) 2016年1月スタートの「マイナンバー制度」について、制度の仕組みを学ぶとともに、社会保障関係や税務関係等の手続時や、投信販売など支払調書が必要な取引を行う際の個人番号の取扱い実務について、マンガ等を用いながら分かりやすく解説します。 (内容・項目については、一部変更となることもございます)※日本FP協会 AFP・CFPR継続教育認定講座コンプライアンス・ビジネス基礎強化コース