ブックタイトル2017 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
72/90

このページは 2017 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている72ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017 近代セールス社通信教育総合ガイド

テキスト構成と主な学習内容学習のねらいこんな方にお勧めします1 相続税の基礎知識と改正のポイントを学ぶ第1章 相続税の基礎知識1.相続税とは(相続税とはどのような税金なの?/相続税の対象となる財産には何があるの?/相続税はどんな人が対象になるの?/相続税の税額計算はどのような仕組みになっているの?/相続税はどのようにして支払うの?/相続税の計算について/相続税の申告は必ず行うべきものなの?)2.贈与税とは(贈与税とはどのような税金なの?/贈与税と相続税の違い/生前贈与についての基礎知識/贈与税と相続税はどっちが得なのか)第2章 相続税の改正ポイント1.相続税関係(相続税の基礎控除額の引き下げ/相続税の税率構造の見直し/未成年者控除・障害者控除の拡充/小規模宅地の適用対象面積の拡充/国外財産の課税強化/相続財産に係る譲渡所得の課税の特例見直し)2.贈与税関係(暦年課税の税率構造の改正/相続時精算課税の改正/住宅取得資金に係る贈与税非課税措置等の延長・拡充/教育資金の一括贈与に係る非課税措置/結婚・子育て資金の一括贈与に係る非課税措置/障害者の扶養信託契約に係る贈与税の非課税措置の拡充)2 相続対策アドバイスと預金等各種取引の相続実務第1章 相続対策のポイントと基本的な手法相続にリスクとコストはつきもの(庶民の税に変わる!?/遺言による対策)第2章 相続アドバイスのニーズを見つける顧客ニーズを発掘する(常にアンテナをはりめぐらせておく/相続アドバイスニーズは必ずある/退職金を受け取った/大口預金先である/中小企業のオーナーである/アパート経営をしている/複数の土地を使用している/他)第3章 各種取引と相続実務1.相続預金の取り扱いと基本的手順(預金者の死亡事実の確認(死亡情報の入手)/預金口座の入出金禁止/相続預金の管理/相続関係書類の取り受け/相続預金の払い戻し・名義変更処理)2.ケース別・取り扱いの留意点(預金取引/預かり資産/融資取引) 相続の手続きやアドバイスに関する基本的な知識を習得し、顧客のニーズ発掘に活かしたいと考えている方。相続税改正で求められる実務知識と顧客への助言相続手続き&アドバイスが得意になる講座〈6月から開講〉●教材(配付内容)テキスト2冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師JPコンサルタンツ・グループ(編著)黒木正人小林 登佐藤良道保志秀一 本講座は、「そもそも相続税って何?」といった基礎知識から、最新の相続税制改正のポイントまで幅広く解説しています。また、お客様との会話の中で相続案件につなげることができるニーズを見逃さないよう、ニーズの見つけ方やアドバイス方法について、多くの具体的な事例を紹介しています。受講期間2ヵ月/ 3ヵ月添削指導2 回/ 3 回受講料9,720円/11,880円(いずれも税 込)(内容・項目については、一部変更となることもございます)※日本FP協会 AFP・CFPR継続教育認定講座税務・財務・年金・人事コース