ブックタイトル2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
73/94

このページは 2018 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている73ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

コンプライアンス・ビジネス基礎強化コース顧客との会話が楽しくなるマインドセットとトーク術銀行員のための“会話力”がメキメキアップする講座こんな方にお勧めしますこれから窓口や渉外等において、はじめてセールス活動に取り組む新人の方や、日頃から顧客とのコミュニケーションに悩んでいる方。学習のねらいお客様とのコミュニケーションをスムーズにするためには、まず相手の立場や状況、タイミングに合った言葉を選ぶ力を身につけることが大切です。「聞き上手」になってお客様の言いたいことを引き出し、役立つ情報を提供できるようになるための会話術を学びます。受講期間2ヵ月/3ヵ月添削指導2回/3回受講料5,400円/7,020円(いずれも税込)●教材(配付内容)テキスト1冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師長塚孝子(孝翠)テキスト構成と主な学習内容PART1会話力のマインドセット会話は「ドッジボール」ではなく「キャッチボール」/会話の主役と脇役/大切なのは「相手に興味を持つ」こと/物事の捉え方は人それぞれ/沈黙の時間/自分を知ってもらう(自己開示)/あなたが持っている“空気”とは/第一印象が大事/会話する環境を整える/会話による心理的効果PART2聞く力を磨くあなたの聞き方は?/オーバーリアクションも必要/会話をリードする「うなづき」や「相づち」/話を聴いていることを示すサイン=オウム返し/会話をリードする質問のバリエーションPART4さまざまなシーンでの会話結婚、入学、出産等おめでたいときの言葉/気持ちが伝わるお見舞いやお悔やみ/苦情・クレームに対するお詫び(アサーティブを意識する)/手続きができないときのお断り/話が長いお客様への対応/話の途中で沈黙してしまったとき/高額の入出金や預金解約するお客様への対応PART5セールスにつながる会話の展開渉外先での会話の着眼点1?個人先/渉外先での会話の着眼点2?法人先/会話の話材/ライフイベントに着目したセールスの展開PART3話す力を磨く受け入れやすい話し方/話し方のスキル/声のトーンやリズム、“間”を意識する/相手に伝わる話し方/会話のきっかけを作るヒント=「きどにたてかけし衣食住」/四季の挨拶言葉や会話の切り口/天気の話に続ける会話/感謝やいたわり、ねぎらいの言葉/久しぶりに会う人との会話/相手が嬉しくなる誉め言葉/高齢者との会話/印象に残る別れ際の言葉(内容・項目については、一部変更となることもございます)