ブックタイトル2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

ページ
79/94

このページは 2018 近代セールス社通信教育総合ガイド の電子ブックに掲載されている79ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2018 近代セールス社通信教育総合ガイド

税務・財務・年金・人事コース介護離職を防ぐための準備と各種制度の活用法仕事と介護を両立するためのこんな方にお勧めします自らの仕事と介護の両立を図りたい方、介護に関わる部下を持つ管理職、人事担当者、顧客アドバイスに活かしたい窓口・渉外担当者等。講座学習のねらい介護は、いまや誰の身にも起こり得る問題です。自ら介護する場合、仕事と介護を両立するためには、国や地方自治体および企業等の制度などを利用するための知識が欠かせません。また、お客様アドバイスにも活用できるよう、本講座では、介護の問題を正しく認識した上で、各種の支援制度を上手く活用するための準備と方法について学びます。※日本FP協会AFP・CFP R継続教育認定講座受講期間2ヵ月/3ヵ月添削指導2回/3回受講料5,400円/7,020円(いずれも税込)●教材(配付内容)テキスト1冊/添削課題・解答用紙(各2部/各3部)/学習の手引/質問票/受講番号登録のお知らせ/提出用封筒●執筆・指導講師社会保険労務士事務所あおぞらコンサルティング/他テキスト構成と主な学習内容第1章介護の現状と企業の動きマンガ・「介護」はある日、突然に?脳梗塞で倒れた親への対応をどうする?(1)高齢社会日本と要介護者急増の現実超高齢社会の日本/要介護者の現状(2)介護の担い手の変化介護とは/介護の担い手?「嫁」から「子や配偶者」へ(3)介護の現実と可能性介護の現実/介護の原因/介護時間/介護意識/身近に潜む介護の可能性/介護離職の実態/仕事と介護(4)企業における従業員の介護問題と現状の課題企業における介護支援の取り組み/介護支援の問題点/介護する従業員の課題第2章仕事と介護の両立?介護離職しないために知っておきたい基本知識(1)介護の始まり(2)介護予防介護予防の目的/介護予防の基本/介護予防と高齢者との接し方(3)認知症への対応認知症の特徴/認知症の予防と早期発見(4)企業の介護支援育児介護休業法による介護支援/介護支援措置の種類/介護休業給付金/支援制度を利用する際の注意点/そのほかの介護支援(5)仕事と介護の両立のための介護準備情報収集/体制づくり/介護の仕方/遠距離介護(6)仕事と介護の両立仕事と介護の両立手順/初期対応の例/対応手順/週末介護例/短時間勤務介護例第3章介護保険の基礎知識と活用ポイントおよび周辺知識(1)介護保険の仕組みと申請から利用までの流れ介護保険の制度の目的/制度の仕組み/介護保険の申請から利用までの流れ/他(2)要介護認定の仕組み介護保険の「要介護認定」とは/介護認定の結果と受けられるサービス/要介護認定の有効期間/他(3)在宅サービスの種類と活用のポイント在宅サービスとは/在宅サービスの種類と特徴(4)介護環境を整えるサービスの種類と活用のポイント福祉用具の貸与/特定福祉用具の購入費の支給/他(5)地域密着型サービスの種類と活用のポイント地域密着型サービスとは(6)施設サービスの種類と活用のポイント介護保険の3施設/費用(7)その他の施設の種類と活用のポイント施設の種類と特徴/介護付き有料老人ホーム/健康型・住宅型有料老人ホーム/他(8)その他の支援措置地方自治体の支援/民間サービス/地域サービス(9)介護とお金介護費用/在宅介護の自己負担の目安/施設介護の自己負担の目安/他(10)介護と費用例介護予算計画/介護費用(内容・項目については、一部変更となることもございます)