通信講座受講状況確認サイト

  • 検査マニュアル廃止後の検査・監督と融資実務
  • NTTデータ経営研究所
    大野博堂
    市村雅史
  • 定価:1,980円(税込)
  • サイズ:四六判・232頁
  • 2020年7月初版
  • ISBN:978-4-7650-2172-2

本書の内容

バブル崩壊後、金融機関の不良債権処理に効果を上げた金融検査マニュアルが、2019年12月に廃止されました。これに伴い、新しいガイドラインといえるデスカッション・ペーパー「検査マニュアル廃止後の融資に関する検査・監督の考え方と進め方」が制定されています。
今後はこの新ガイドラインに基づいて、新しい考え方・手順の検査・監督が金融庁により実施され、各金融機関は適切に対応することが求められます。
そこで本書では、金融検査マニュアルの制定の経緯、廃止までの経緯、金融行政方針・監督指針との関係性、新ガイドラインの内容とポイント、信用格付・償却・引当の見積方法などの融資実務などを解説。金融機関の経営者・社外役員・内部監査部門はもちろん、一般職員も読んでおくべき一冊です。
  • 目次はこちら(クリックで内容が表示されます)