• サイバーナイフで治療する
    甲状腺がんの転移性腫瘍
    =ピンポイント照射で腫瘍の制御・縮小を目指す=
  • 渡邉一夫・杉野公則 監修
    宮﨑紳一郎・福島孝徳 著
  • 定価:2,640円(税込)
  • サイズ:B5判・88頁
  • 2021年12月初版
  • ISBN:978-4-7650-2329-0

本書の内容

​本書は、定位放射線治療を実施した甲状腺がんの転移病変についてまとめたものです。大学病院やがんの専門病院などでがん診断が確定した後に、望ましいとされる治療が高齢やリスクが高いなどの理由で実行できない、または本人が手術や化学療法を受け入れないなど、治療法に悩んでいる方々に配慮しながら、サイバーナイフ治療の実態を分かりやすく伝えました。
 
定位放射線治療によるがん治療が“道具”の工夫と開発により頭蓋内や頭頸部の病変の治療から、肺がんや肝がん、さらに前立腺がん、腎がん、膵がんへと治療適応が広がり応用されていることに興味を持たれた方々の、理解を助ける一助となることを目指しています。
  • 目次はこちら(クリックで内容が表示されます)