新規開講講座のご紹介 業務に役立つ書籍をラインナップ! 「こんな本が欲しかった」がきっと見つかるはずです。業務に役立つ書籍をラインナップ!

2019年04月開講

中小企業の海外進出などにより、営業店の行職員にとっても、最低限の外為知識が必要です。本講座では、外為営業の基本を押さえた上で、輸出入取引の仕組み、貿易外・資本 取引の実務について抵抗感なく学習できるよう、マンガ等を用いてやさしく解説します。
高齢顧客の財産に関する不安の解消方法を学ぶ講座です。資産管理・承継対策に役立つ各種制度について、その仕組みや活用方法をお客様に説明する際の注意点、必要書類の見方・書き方を、まずは押さえます。そのうえで、ケーススタディを通じて実践的な提案スキルを身につけていきます。

2019年01月開講

金融検査・監督に関する方針の見直しで示された金融検査マニュアル廃止に伴い、各金融機関には今後、それぞれが目指すビジネスモデルや取引先の実態に応じた柔軟な対応が一層求められることになります。本講座では、金融検査マニュアル廃止に向けて求められる融資先・顧客対応について学びます。
本講座では、入行前の内定者、入行1~2年目の若手行職員向けに、マナーや一般常識、先輩や上司との上手なコミュニケーションのとり方、メンタルタフネスについて解説します。本講座を受講し、金融機関で働くやりがいを見つけてもらうことで、早期離職の防止につながります。

2018年11月開講

創業者が抱える人・物・金・情報といった経営課題に対し、金融機関として何が支援で きるのか。本講座では、創業者へのアプローチや具体的な支援方法、事業を軌道に乗せる ためのサポートなど、金融機関の営業店でできる創業支援の取組みについて、基礎から学習します。
これからの「人生100年時代」において、高齢時代に対応した長期的な資産形成・運用を行うことが重要です。本講座は、世代別に金融的時代背景やニーズのポイントなどを解説。どのように相談業務やアプローチを行えばよいのか、お客様に応じた商品・サービスの提案ノウハウ等をケーススタディで習得します。
お客様と担当者の会話例を通じて、お客様の興味・関心を引き出す方法がわかる!

2018年07月開講

本講座では、2019年に予定されているFATFによる第4次相互審査の内容や、審査を前に金融庁が発表したガイドラインに完全対応。ガイドラインの内容をやさしく解説するとともに、「営業店に求められる対応」についても学習できます。
キャンペーン等の案内はもちろん、お客様との接点作りや見込客の発掘・来店誘致に効果的な電話セールス。本講座では、電話応対のマナーなどの基本知識とトークの進め方について解説します。

2018年04月開講

出産・育児は、自分自身のキャリアの見直しを求められる大きな転機となります。復帰後のキャリアプランを検討するためのポイントとともに、「保活」や夫との家事育児の分担など、スムーズに職場復帰するために必要な情報収集や準備等について解説します。
 
企業の観察、経営者との面談、決算書の数値分析等を通じて、伸びる企業か素早く正しく把握するための実践的な方法を徹底的に学ぶ講座です。訪問時にチェックすべき、経営者、社員、部門、事務所・工場、製品、取引先等を具体的に紹介。伸びる企業と伸びない企業の違いについて、事例を交えて解説します。

2017年07月開講

本講座では、「社長と担当者が、共に取引先を深く理解する」ための方法を、ステップ別に分かりやすく見ていくとともに、それを「社長との共通認識にする」ためのポイントを解説。さらに、実態把握を踏まえた支援アドバイスについても、具体的な事例を交えながら学習します。
金融庁が掲げる「顧客本位の業務運営に関する原則」の基本を理解し、資産運用提案における実践のポイントを学習します。運用提案に欠かせない、お客様とのリレーションの築き方やライフプランニング、最適な商品の提案事例を、セールストークを交えて解説します。