通信講座受講状況確認サイト

新規開講講座のご紹介 業務に役立つ書籍をラインナップ! 「こんな本が欲しかった」がきっと見つかるはずです。業務に役立つ書籍をラインナップ!

2017年07月開講

取引先の事業性評価を進めるためには、「社長と一緒」に実態把握を行うことが重要です。本講座では、社長と担当者の両者が取引先を深く理解するための方法をステップ別に分かりやすく解説。さらに実態把握を踏まえた支援アドバイスについても具体的な事例を交えながら学習できます。
金融庁が2017年3月に公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」の中では、金融機関が顧客目線に立ち、顧客が求める運用商品を正しく説明・提案することが求められています。本講座は、「顧客本位の業務運営」に関する基本的な知識と、運用提案における実践のポイントについて、トーク例を用いたケーススタディ形式で解説します。

2017年06月開講

お客さまのライフプランに沿った公的年金の「制度」「手続き」「相談」について平易に解説。年金口座の新規獲得や指定替えに加えて、投資信託・保険等の預かり資産、リフォームローン、相続対策、家族取引展開など、家計メイン化のセールス手法について、トーク例を交えて多面的に解説します。

2017年04月開講

お客様とのコミュニケーションをスムーズにするためには、まず相手の立場や状況、タイミングに合った言葉を選ぶ力を身につけることが大切です。「聴き上手」になってお客様の言いたいことを引き出し、役立つ情報を提供できるようになるための会話術を学びます。
金融機関にとって、収益の大きな柱の一つが個人向けローンです。本講座では、住宅ローンやカードローンなど、個々の商品に対するニーズと具体的な販売方法のほか、販売時の説明責任や延滞管理、督促方法などについて解説します。

2016年11月開講

初めて融資渉外に携わる女性のための入門講座です。渉外に求められる基本的なマナー・留意点から、各種融資商品の仕組みと推進策、および法人先で必要となる経営者等とのコミュニケーション術を学習します。
本講座では、入行間もない渉外担当者を対象に、目標を達成するためにはどのように行動計画を立てればよいかを解説します。また、実際の渉外業務ですぐに役立つ商品知識や、お客様の資金ニーズをつかむためのアプローチトークについても学習します。
銀行等の主力販売商品の1つとなっている「外貨建て保険」の仕組みや、為替リスク・市場価格調整などの説明ポイント、商品提案のプロセスについて、トーク例を交えて解説します。平成28年5月の保険業法改正に伴う販売上の留意点、アフターフォローの進め方についても学習します。
老後資金づくりにおける確定拠出年金の重要性を踏まえた上で、確定拠出年金の仕組みと税制優遇措置を徹底解説します。また、事例による運用アドバイスのポイントや、属性別にみる個人型確定拠出年金のすすめ方を、実際のトーク例を参考にしながら学びます。

2016年07月開講

平成28年10月の「犯罪収益移転防止法」改正に伴い、取引時確認手続きの変更点を学習します。本人確認書類の見本(個人・法人/全40種類・カラー版)を掲載し、チェックポイントや判断に迷う場面での顧客対応法をケーススタディで解説します。

2015年01月開講

取引先の事業性評価を進めるためには、「社長と一緒」に実態把握を行うことが重要です。本講座では、社長と担当者の両者が取引先を深く理解するための方法をステップ別に分かりやすく解説。さらに実態把握を踏まえた支援アドバイスについても具体的な事例を交えながら学習できます。