バンクビジネス

  • バンクビジネス NO.996 2019年12月号
  • 定価:1,100円(税込)
ケースで学ぶ投資信託のアフターフォロー
~説明・確認・アドバイス方法&面談記録の書き方

※富士山マガジンサービスでは電子書籍の購入も可能です。

詳細情報

特集
ケースで学ぶ投資信託のアフターフォロー
~説明・確認・アドバイス方法&面談記録の書き方
投資信託取引においては、適切にアフターフォローを行うことが求められます。本特集では、基本的な手続きやケース別の対応ポイントや面談記録の書き方などを解説します。

お客様にはタイミングよく適切なアフターフォローを行おう

ひと目で分かる 投資信託の取引とフォロー対応

ケーススタディ アフターフォローはこう進めよう[ MORE >> ]

〈通常のアフターフォロー〉
①お客様の手元に「取引報告書」が届いた場合
②お客様の手元に「収益分配金のご案内」が届いた場合
③お客様の手元に「収益分配金再投資のご案内」が届いた場合
④お客様の手元に「取引残高報告書」が届いた場合
⑤お客様の手元に「特定口座年間取引報告書」が届いた場合
⑥前任者から引き継いだお客様のため直接販売を行っていない場合
⑦新規販売停止のファンドについてフォローする場合
〈有事のアフターフォロー〉
⑧お客様が保有する株式ファンドが大幅に値下がりした場合
⑨お客様が保有する株式ファンドが大幅に値上がりした場合
⑩円高基調によりお客様の保有するファンドが大幅に値下がりした場合
⑪円安基調によりお客様の保有するファンドが大幅に値上がりした場合
⑫海外の政情不安によりお客様の保有ファンドが大幅に値下がりした場合

アフターフォローの面談記録はこう書こう[ MORE >> ]

(1)アフターフォローの面談記録の基本的な書き方
(2)〈サンプルで学ぶ〉アフターフォローの面談記録のポイント
 ①お客様が損切りを希望し売却資金を預金で保有することになった場合
 ②お客様が損切りを希望し売却資金で新しい商品を購入することになった場合
 ③お客様が利益確定を希望し売却資金を預金で保有することになった場合
 ④お客様が利益確定を希望し売却資金で新しい商品を購入することになった場合
 ⑤お客様が短期乗換えを希望したがアドバイスの結果思いとどまった場合
 ⑥お客様が保有商品と同じ商品の購入を希望したがアドバイスの結果値動きの異なる商品を購入した場合
 ⑦お客様が手元資金のほとんどで追加購入を希望したがアドバイスの結果購入金額を減らした場合
 ⑧お客様がロールオーバーするかどうか悩んだがアドバイスの結果全額ロールオーバーした場合
   

取材企画

フロントランナー・法人営業の達人

北海道信用金庫新琴似支店 主任 阿部 翼さん

 

特別企画

自己チェックシートを活用したスキルアップ法[ MORE >> ]

マンガ 取引先からの信頼獲得に悩んでいませんか?

このような方法でスキルアップを図ろう

(1)自己チェックシートの内容と使い方
(2)7つのスキルをアップする方法
〈テクニカル・スキル〉
①情報収集力
②顧客理解力
③問題解決力
④提案力
〈ヒューマン・スキル〉
⑤共感力
⑥自律性
⑦共創力
   

連載マンガ

▲窓口応対SOS!


「口座名義の旧姓への変更を希望するお客様への対応」
[ MORE >> ]

▲企業の見方&アドバイス


「状況や特性等に合わせた金融機関の選択と自行庫の利用を提案」
[ MORE >> ]
  • 好評連載(クリックで内容が表示されます)