通信講座受講状況確認サイト

Financial Adviser

  • ファイナンシャル・アドバイザー NO.223 2017年6月号
  • 定価:1,080円(税込)
〈ワイド特集〉
資産管理・承継の新トレンド!
家族信託を使いこなす

※富士山マガジンサービスでは電子書籍の購入も可能です。

詳細情報

特集
〈ワイド特集〉
資産管理・承継の新トレンド!
家族信託を使いこなす
 平均寿命と健康寿命の差が拡大している昨今、財産管理に関するお客さまの希望を叶える手段として家族信託が注目を集めています。一方で、専門家の数や取扱い事例がまだ少ないことから、制度に関する知識、正しい活用方法が浸透しているとはいえない状況です。
 そこで本ワイド特集では、家族信託のメリット・注意点や利用の手順、活用事例などについて解説します。

〈Q&Aで学ぶ〉家族信託のメリットと注意点

 Q1 そもそも家族信託とは何か。普及してこなかった理由は? [ MORE>>]
 Q2 家族信託の活用が効果的だと考えられるのはどんな場合?
 Q3 「家族信託」はどんな家庭で利用されている?
 Q4 成年後見制度と家族信託は、どう使い分ける?
 Q5 商事信託と家族信託は、どう使い分ける?
 Q6 家族信託には遺言の機能もあるが、遺言との違いは?
 Q7 家族信託の普及にあたりリスク要因となり得る点は?
 Q8 家族信託に関して新たな動きが出てきていると聞くけど…
 Q9 FPは家族信託をどうとらえ、どのように関わるべき?
 

契約締結の流れと利用時のチェックポイント [ MORE>>]

 

〈ケーススタディ〉家族信託はこう活用する!

 CASE1 認知症になっても計画・実行中の相続税対策を遂行したい
 CASE2 老親の自宅を空き家にせずにスムーズに売却したい
 CASE3 認知症を患う妻に財産を遺したうえで、妻亡き後の承継先まで指定しておきたい
 CASE4 再婚予定の後妻に財産を遺すことについて、前妻の子の理解を得たい
 CASE5 生前の遺産分割の合意を法的に有効にさせておきたい
 CASE6 自社株を後継者に引き継がせたいが、経営権は手元に残しておきたい
 CASE7 自社株を後継者に相続させたいが、兄妹への代償分割の原資がない
 CASE8 将来の不動産共有を回避したいが代償資産がない
 CASE9 親亡き後、障がいのある1人息子の生活を守りたい
 

三井住友信託銀行の取組みにみる民事信託の支援事例 [ MORE>>]



●執筆者●
P13~51
宮田 浩志
宮田総合法務事務所 代表司法書士
一般社団法人 家族信託普及協会 代表理事
一般社団法人 日本相続学会 理事

 
  • 好評連載(クリックで内容が表示されます)