近代セールス

  • 近代セールス NO.1362 2021年1月15日号
  • 定価:1,320円(税込)
〈ワイド特集〉財務の基本で備える!二度目のコロナ融資対応
~資金繰り分析の進め方&資本性ローンの活用法

※Amazon・富士山マガジンサービスではデジタル版の購入も可能です。

詳細情報

特集
〈ワイド特集〉財務の基本で備える!二度目のコロナ融資対応
~資金繰り分析の進め方&資本性ローンの活用法
長引くコロナ禍で、制度開始当初にコロナ融資を借りた企業からの二度目の申込みが増えることが予想されます。本特集では、二度目のコロナ融資申込みに備え、担当者がどのような知識を持ち、取引先を分析し支援すればよいのか、融資の基本に立ち返りながら一連のノウハウを解説します。

基本に立ち返り融資の〝第二波″に備えよう[MORE>> ]

今からでも遅くない!コロナ融資先へのモニタリング[MORE>> ]

コロナ融資後の取引先はこのようにフォローしよう
 

コロナ禍の影響把握に必須!試算表の重要性と確認のポイントを押さえよう

徴求資料の中でも特に重要!資金繰り表を基に融資の可否や必要額をこう確認しよう

〈ケース別〉こんな取引先からの二度目の融資依頼にはどう対応するか[MORE>> ]

 ①以前は業績が堅調だったもののコロナ禍で業績が悪化し回復していない取引先
 ②初回融資時に作った事業計画を実行せず赤字になり追加融資を申し込んできた取引先
 ③コロナ禍発生前から業況が悪化しており初回融資後も回復せず債務超過に陥った取引先
 ④近年は業績が低調で初回の融資を新事業に充てたが収益化に至っていない取引先
 ⑤初回は余裕を持って借りたがコロナ禍長期化で資金が流出し改めて手元資金を厚くしたい取引先

どんな企業に利用を促すか!?資本性ローンの基本と提案の進め方

コロナ対応で問題が表面化!若手担当者は融資の提案を通す社内調整にどう対処するか

(1)融資の提案を通すための取引先面談と店内相談のポイント

(2)大事なのは店内コミュニケーション!自分の担当案件に上司をこのように巻き込もう

特別企画

外部で経験を積んだOB・OGを再雇用!金融機関に広がる「アルムナイ」採用[MORE>> ]

 

取材企画

営業店トップマネジメント
東和銀行東松山支店 加藤木誠支店長

連載マンガ

前向き営業のためのセルフマネジメント

【第7話】ターゲットを理解してアンテナを張る

  • 好評連載(クリックで内容が表示されます)