通信講座受講状況確認サイト

Financial Adviser

  • ファイナンシャルアドバイザー NO.192 2014年11月号
  • 定価:1,080円(税込)
住宅ローンの最新事情
~金利動向や審査基準、各種データを踏まえたアドバイス

※富士山マガジンサービスでは電子書籍の購入も可能です。

詳細情報

特集
住宅ローンの最新事情
~金利動向や審査基準、各種データを踏まえたアドバイス
 住宅ローン金利はいま、変動金利の店頭表示金利で2.475%、最優遇金利で0.775%、長期固定金利のフラット35で1.650%~2.280%(平成26年10月水準、返済期間21年以上35年以下)と、まれにみる低水準となっている。 ここ数年、FPは住宅ローン相談において、先行きの金利上昇を踏まえつつ中立的なアドバイスを行うケースが多かった。では、これからは金利動向についてどのようにみるべきか?また、金融機関の審査基準は? 多様化する団信の注意点は? 独身女性へのアドバイスの注意点は?――本特集では、住宅ローン相談の最新事情についてまとめた。

Part.1 押さえておきたい住宅ローンの金利動向と審査基準
~金融機関は借入顧客のここを審査する!

Theme1 住宅ローン金利の歴史的背景を探る [ MORE>>]
Theme2 住宅ローン審査の現状と審査基準
Theme3 団体信用生命保険の多様化と注意点
Theme4 おひとりさまの住宅購入リスクと注意点
 

Part.2 データに見る いまどきの住宅購入傾向
~住宅金融支援機構調査結果のここに注目!

 

特別企画

FPが押さえておきたい重要税務事例2014 [ MORE>>]

田中卓也 (田中卓也税理士事務所代表 税理士・CFP®認定者)

 

取材企画

FP opinion [ MORE>>]

株式会社ウーマン・タックス代表取締役 税理士 板倉 京氏

 

金融商品のトリセツ [ MORE>>]

三菱UFJ信託銀行 「暦年贈与信託(おくるしあわせ)」
 
  • 好評連載(クリックで内容が表示されます)