通信講座受講状況確認サイト

読者からの声

  • 感想 : 行政書士の資格を有していたので、ダブルライセンスを目指してFP2級の勉強をしています。
    法律と税務の取扱いの違いからくる不都合、失敗事例を知ることができ、
    自分も深く勉強していく必要性を感じました。
  • 感想 : 顧客本位の投信営業につなげる投資メンタルマネジメントと行動コーチングを
    積極的に活用していきたい。
    会話形式で分かりやすかった。
  • 感想 : 足が遠のいている「行きたくないお客様」への訪問のヒントを得ることができました。
    また、決算書からの紹介引出しも参考になりました。
    リストを作りシミュレーション(仮説を立てる)を行う事前準備を行い、
    確率を高める仕事につなげようと思いました。
  • 感想 : 具体的に何をすればよいか、平易に説明してくれて納得できました。
    筆者の素直な人柄が好感。

    マンガも用いて飽きさせずに読ませる工夫がとても良かった。
    部下の育成に役立てたい。

    営業初心者でも分かりやすく(マンガや会話形式、図解)大変勉強になりました。
  • 感想 : これまで読んだ決算書関連の書籍の中で一番良いものだった。
    表題にある通り、仕事に活かせ、会話ができ、スキルが身についた。
    後輩指導にも役立てたいと思う。
    はじめにこの本に出合いたかった。
  • 感想 : 今まで財務分析のあり方なる本は多数で回っているが、
    本書のように実践的な視点から分析、行動の仕方、の本はなかった。
    審査部に籍を置き営業店にアドバイスするバイブルとして役立てたい。
  • 感想 : 分かりやすく、すぐに内容が理解できる本ですね。
  • 感想 : FPの仕事や相続の手続きの相談をしています。
    この本は事例と質問形式となっており、実務に本当に役立っています。今後は「家族信託」は相続や認知症の対策の切り札になると思います。バイブルとして使います。
  • 感想 : ここまで具体的な事例がたくさん載っている本があると思っていなかったので、非常に有益でした。
    今後の仕事に大いに活かしていこうと思います。
  • 感想 : 丁寧に書かれている。
    具体例が豊富で、各例を正確に分析し理論的に説明がなされている。
    仕事にも大いに活用させていただけます(仕事:FP業)。
  • 感想 : 情報が整理されて書かれているので分かりやすい。
    素人に専門的な内容が分かりやすく書かれている。
  • 感想 : 解説部分、活用事例、実務門答と区別されていて分かりやすいので、
    大変参考になります。
  • 感想 : 今月より本格的に融資業務に携わることになる身としては、わかりやすく法的な内容も網羅されているので非常に勉強になりました。
    改正債権法にも対応した内容なので、今後アフターコロナを含めて旬な情報を知ることができました。
  • 感想 : すごくわかりやすい内容です。
    近代セールス社の「債権法改正と融資管理&回収の実務」もわかりやすいと思って読んでいたが、それよりもわかりやすくて、仕事をするうえで非常に役立っています。
  • 感想 : お客様の考えを「不要」→「必要」に変えるセールストークに感動しました。
    令和2年2月に生命保険会社に転職して基礎知識を身に着けている段階でこの本を読むことができて、今後の研修についての目線や保険に対しても考え方が大きく変わりました。ありがとうございました。
    福地さんの本をすべて読みたいと思います!
  • 感想 : 私はライフプランナー3年目になります。
    今、法人へのアプローチを増やしていますので、ドル建・変額の提案方法は大変良い学びになりました。
    ぜひお客様先で実践していきたいと思います。
  • 感想 : 簿記3級程度の知識しか持っていなかったが、とても読みやすく理解しやすかった。
    右ページに本文、左ページに図解があるのも頭が整理できてよかった。
    銀行員のシチュエーションが想像できて面白かった。
  • 感想 : 元銀行員&小説家が書いているので分かりやすかった。
    ただ、ものによってはもう少し掘り下げてほしい内容もあった。
    本編の続編として「中級編」「上級編」も読んでみたい。
  • 感想 : 各タイトルごとに知りたいことが簡潔に図で示されており、
    大変わかりやすかったです。
    ありがとうございます。
  • 感想 : レビューで、初めて融資係になった人にぴったりの本だと書いてあり、確かに何も分からない人にとっても分かりやすい入門書だと思いました。
  • 感想 : 著者が当行の元行員で、独立系のFPとのことで親近感を持って読みました。
    相手の立場に立って考える大変優しい方で、参考になりました。
  • 感想 : ケースが多岐にわたっていてとても参考になった。
  • 感想 : 読みやすく参考になった。
    業務に役立てます。
  • 感想 : 戸籍の見方を勉強するにあたり、なるべく初心者にとってわかりやすく、見やすい本をと思っていたので、私にとってはドンピシャの構成で満足しています。
  • 感想 : 自分が知りたかった細かい部分も書かれていたので、とても役に立った。
    ページ数や、文字の大きさもちょうどよかった。
  • 感想 : 実務者として経験豊富な方の執筆であり、大変勉強になった。
    手元に置いておき、辞書として使える貴重な本です。
  • 感想 : 戸籍を読むにあたって、どうしても億劫になりがちなのですが、
    この書籍を読んで自身がつき、実務でもさっそく生かしたいと思えるようになりました。
  • 感想 : 主人の司法書士業務を手伝うことになり、本書を購入しました。
    全くの初心者の私が読んでも分かりやすく丁寧に書いてあり、
    今後に生かせます。
  • 感想 : 過去から現在に至る戸籍の変化、見方が大変よく分かります。
  • 感想 : 同じような内容の他の本と比べて、とてもわかりやすかった。
    細かい用語解説もあるので、初心者の私でもよく理解することができた。
  • 感想 : 金融検査マニュアル廃止前後の流れや考え方が整理され、とてもよかったです。
    平易や表現で読みやすく、理解も深まりました。思考が整う良書だと思います。
  • 感想 : 情熱や熱意といった保険営業にかける自分の思いが欠如しているのを気づかされた。
    アポイントの電話で粘れないのは、自分に強い気持ちが足りない(自信がない)ことの現れだと思った。
  • 感想 : すごく分かりやすい。自分ができることを実践したいと思った。
  • 感想 : ・事例がたくさん載っていて、「あの人にはこう話してみよう」と、具体的に会話をイメージすることができました。
  • 感想 : ・テクニックだけではなく、「なぜ、どうして」という会話の問題点そのもの原因が理解でき、ステップアップにつながりました。
  • 感想 : ・お客さまの身につけていた物に話を振ったら、あまり話さない人がすごく話してくれた。相手の関心に合わせるということがよくわかりました。
  • 感想 : ・沈黙のときも「間が大事」と思うだけで、落ち着いて対処できました。
  • 感想 : 大変分かりやすく、興味を持って読めました。他の職員にも読んでもらいましたが、大変好評でした。
  • 感想 : 週で分けて実践していくこと、今まですべてをすぐに実践しようとしていました。少しずつできるようにしたいと思います。
  • 感想 : 非常に分かりやすく、PETCTとサイバーナイフの治療について説明されている。
    写真や図解入りで理解しやすい。
    できれば健康保険が適用されるか、または大体の費用を知りたかった。
  • 感想 : 大変勉強になり、がん治療に関する知識が広がりました。
    詳しく書かれていてわかりやすかった。
    今後さらなる医療の進歩に期待が持てたのと同時に、
    医療の地域格差についても感じさせられました。
  • 感想 : 図解が豊富でとてもわかりやすく理解しやすかったです。参考になりました。
  • 感想 : 最新のがん治療法「サイバーナイフ」を知り驚くばかり。抗がん剤の痛みに苦しんでいる患者にとって大朗報。ただ、マシンと医師がワンセットしかないのが惜しい。
  • 感想 : サイバーナイフ療法の長所がわかりやすく書かれた良書と思いました。
  • 感想 : サイバーナイフがわかってきました。がん治療はいま変革期にあると思っています。
  • 感想 : 保険営業を続ける手法が分かりやすい。
    辞める人が多い業界なので、読んでよかったです。
  • 感想 : とてもやさしい文体で書かれており、読みやすかった。不安解消のヒントにもなり、感謝しています。
  • 感想 : 障害年金の全体を知る意味では有意義な本でした。
    また、障害ごとの受給基準について触れられており、勉強になりました。
  • 感想 : 障害年金の受給資格を満たしているのに、受給している人は3割にも満たないことなど、
    仕事を通して障害年金のことをもっと広めていきたいと思いました。
  • 感想 : 大変素晴らしい本です。
    障害年金制度は大変ややこしく、一般の人はもとより、社労士にもなかなかよく理解しにくい制度ですが
    実例を踏まえて、一般の人にもわかりやすく書かれたこの本は、私が本年読んだ本の中で屈指の本でした。
    障害年金の受給は、あきらめないことが大切と言われています。
    あきらめていた人達の代わりになって、障害年金の制度や受給手続きを
    広めようとがんばられた著者に、心より敬意を表します。
  • 感想 : 9人の成功事例を載せてくれていたが、女性目線からの意見を言うと、
    9人中8人が男性の事例だったので残念。
    同じ女性の話を聞きたい。期待しています!
     
  • 感想 : 新人教育に情熱を持てた。
  • 感想 : 私は今、乳がんを受診しておりました。
    転移しているためサイバーナイフ治療がどこでできるかに興味があり購入しました。
    本書でよく分かりました。

    私は今、味覚障害で悩んでいます。
    そういう経験のある方の本や医療に関する本がほしい。
  • 感想 : 相続・事業承継について、基礎知識がないのにすぐに理解できた。
    本書を入門書として、興味あるテーマについてはさらに深掘りする必要があると感じました。
  • 感想 : 老齢・遺族・障害年金請求の仕事を行っています。
    とても難しいです。でも、人ひとりの一生がかかっていると思うと、
    何とかしてあげたいという気持ちになり、一生懸命になります。

    この本を職場の若い子に見せてあげたいと思いました。
    とても分かりやすく、すーっと年金に入れそうですね。
    この先生のお話を聞く機会があれば嬉しいです。

    障害年金について、もっと突っ込んだ内容があれば教えてください。
    参考にします。
     
  • 感想 : 「更新」の手続きについてわかりやすかった。
    「初診日」に対する考え方も理解しやすかった。
  • 感想 : よく実態を理解されていて感銘を受けました。
    対処として、親の覚悟のほどが理解できました。
  • 感想 : 実例として自然な会話の流れが分かりやすく載っていてとても参考になりました。
    税金などの法律は変わってしまいますが、話法などは店内の勉強会でも参考にさせていただきます。
  • 感想 : 相続についてわからないことが多く、お客様の目線でわかりにくい事柄を明らかにしてもらい
    入門書としてふさわしい内容だと感じました。
  • 感想 : 預かり資産担当として、「保険嫌い」が多いお客様に
    貯蓄手段としての保険を案内するときの声掛けとして、非常に参考になりました。
    今まで気づかなかった部分の発見にもなり参考になりました。
  • 感想 : 保険販売が苦手であったが、この本のおかげで3件販売することができました。
    感謝しております。
  • 感想 : 窓口では一見のお客様も多く、短時間でお客様の心に響くようなトークをしなければならず難しさを感じていたので、こちらの本で話の切り出し方のレパートリーが増えました。どんどん実践していきたいです!
  • 感想 : 投げかけの話法が具体的で、業務に役立つ内容です。
    また、「トークの流れ」は部下にも実際に使ってもらいたい話法でした。
    満足度100%です。窓販のバイブルとして、本部にも案内していきます。
  • 感想 : とても自然に、お客様にとって心に残るフレーズ、ストーリーの組み立てに
    なっていると思います。解説もわかりやすく、仕事に役立ちます。
    改正保険業法にも対応していて、ありがたいです。
  • 感想 : あらゆる局面で使える話法が満載でした。なかなか断りへの対応がうまくできなかったり、
    切り札となる言葉、アプローチが人によって違ったりするので、引出しをたくさん持たなければ
    保険のセールスは困難です。ヒントがたくさん得られました。
  • 感想 : 最初は「投信販売の使えるトーク60選」を書店で見つけて購入。
    とても役立ったので、こちらの「保険窓販」もあることを知って即購入しました。
    いろいろなトーク集を読みましたが、これは本当に参考になります。
    声かけに自信がつきました。会社の人にも勧めています。
  • 感想 : ひと言で他と差をつけるようなトークばかりで、読んでいる私も
    保険の持つ社会的役割について改めて感じることができました。
    まだ私は保険をとれたことがないので、この本を熟読し、自信につなげたいです。
  • 感想 : 「トークの流れ」では、こんなにスムーズには進まないだろうと
    思う箇所もあったが、様々な方面からのアプローチはとても勉強になった。
    「保険」というワードを出すことのむずかしさを非常に感じる毎日ではあるが、
    言葉の持つ二面性に本書で気づかされた。
  • 感想 : 若手部下行員から信頼され、どのように成長させていくかという観点から記載されており、大変参考になった。
     
  • 感想 : 日頃感じていたことについて、改めて実感をもって勉強することができた。
  • 感想 : 渉外課員が若年化しているため、その世代の考え方や接し方の
    ヒントをつかむことができて、ためになった。
  • 感想 : 20代の行員への接し方を考えさせられる良い本でした。
  • 感想 : カテゴリー別に部下属性が分かれており、それぞれとのコミュニケーションや
    対応方法が書かれているので、よかったです。
  • 感想 : 事業性評価では、企業の事業内容をどのように確認するのか、
    企業の強みを伸ばすにはどんな手順で進めていくのか、
    また各業種の事例によるわかりやすい説明もあり、理解を深めるのに十分な内容でありました。
  • 感想 : 医療機関の財務がどのように評価されるのかわかった。
    法的なところも詳しくわかるともっといいと思う。
  • 感想 : 何度も読み返したくなるほど参考になりました。
  • 感想 : 金融機関に勤めており、自分としては苦手としている分野でした。
    しかし、非常にわかりやすく、お客様の前で本を開きながら、楽しみながら
    お客様の課題にいっしょになって取り組めて楽しいです。
  • 感想 : 社内研修での参考にさせていただきます。
    とても良い本でした。
  • 感想 : 渉外担当として、企業に出向く勇気がつきました。大変勉強になりました。
  • 感想 : お客様のところに行け(もしくは行ってこい)と、アプローチや反論処理の話法がない活動や指示が多い中で、本書の内容は非常にヒントになりました。第6章の業種別も話の深掘りにつながります。
  • 感想 : 渉外活動を円滑に進めるための担当者としての言動、
    アプローチの仕方がわかりやすく書かれていて、とてもためになる内容だった。
  • 感想 : お客様との応対で気を付けることや、声掛けのタイミング話法を知ることができ、
    すごくためになりました。
  • 感想 : 本の内容は、常識的で当たり前の声かけですが、
    この声かけをすべて同じようにできるようになりたいと、毎日声に出して読んでおります。
    どのような方にも同じようにできるようにしたいです。
  • 感想 : ファーストアプローチの「みかんの法則」はとても参考になりました。
    分かっているつもりでも、基本的なことが分かっていなかったのだと思います。
    目からうろこでした。
  • 感想 : お客様とのコミュニケーションが苦手ですので、とても参考になります。
    場面別ですので、すぐに対応できるように使いたいと思います。
  • 感想 : 窓口をしていて、すぐ使えそうなフレーズばかりで、実践的でよかったです。
  • 感想 : サイバーナイフ・リニアックの治療開始~終了まで、口腔内の副作用や粘膜炎などのケアをしていく中で、
    頭頸部の治療がどのように行われているか、病院・歯科に関わる者として勉強になりました。
  • 感想 : 大変わかりやすく書かれています。
  • 感想 : 損保・生保業界および代理店の現状と動向について非常に参考になった。
  • 感想 : 隅から隅まで読んで、営業に生かし、
    お客様への情報を伝えていきたい。
  • 感想 : 代理店としての生き残りをかけて、さまざまな取り組みを行っている事例が参考になった。
    未来予想図について、著者の考えがより具体的なものがあればなおよいと思う。
  • 感想 : 著者のセミナーを拝聴したことがあるので、興味深く読ませてもらいました。大変ありがたい内容だった。
  • 感想 : 銀行によるAI導入について、人員削減の恐怖をむやみに煽ることなく、事例紹介と分析を行っている点が良い。
    銀行業務における全般への影響を平易に説明している点も、理解が進む一助となる。
  • 感想 : 知識と話法(知恵)の整理ができました。
  • 感想 : 読みやすかった。
    Q&A方式で書かれていたので、読みたい部分がすぐに探せてスラスラと読めました。
  • 感想 : 業種ごとにヒアリングポイントが理解しやすい。
    また、写真が添付されていることで、現場でのルックポイントが理解できた。
  • 感想 : 投信の提案方法について悩んでいた点が事例として取り上げられており、「こうお話すればいいのか!」と目からうろこが落ちました。また、主人公ののぞみちゃんが私と同じく入行3年目で資産運用担当になったということで、自分に重ねて読むことができました。これからの仕事に役立てたいと思います。ステキな本をありがとうございました!
  • 感想 : マンガのため、シチュエーションがわかりやすく、内容がすんなりと入ってくる
  • 感想 : 本当にわかりやすい内容でした!
    続きも期待しています!
  • 感想 : 勤務先でみんなで読むために購入したものを読んでみて、
    非常にわかりやすく、自分の教科書としたくて、
    今度は自分で購入しました。
  • 感想 : マンガなのですごくわかりやすかった。
    よくある質問とか設定なので、すぐに役立つ参考書のようです。
  • 感想 : 投資信託の提案の方法がよくわかった。
    マンガなので、イメージがつきやすかったうえ、ポイントがまとめられていたので、理解が深まった。
    今後の業務に非常に役立ちそう。
  • 感想 : 金融機関で投信を販売する立場なのですが、セールスにおいて参考になるものを探していました。
    本書は大変わかりやすく、すぐに使えそうなことが載っていました。購入してよかったです。
  • 感想 : 投資信託の店頭セールスやテレマをすることが多いのですが、ついつい自分の伝えたいことを短時間で話そうとするあまり、お客様にわかりやすく、興味を持ってもらえるような話ではなくなっているように感じていました。
    この本は、短い中にもお客様目線でかつわかりやすいトーク例が多く、大変参考になりました。
    さっそく実践で使いたいものばかりです。
     
  • 感想 : 若手行員への投信販売セールスの指導ツールとしてわかりやすく、
    有効に活用できました。
  • 感想 : 事業者側(学生を受け入れる立場)で拝読いたしました。
    なるほど、と思うところがたくさんあり、参考にしたいと思いました。
  • 感想 : 内定した学生に渡す教材として良いと思う。
    また、新入行員の研修を担当する、行員も読んだほうが良いと感じた。
  • 感想 : テーマが絞り込んであり、より具体的でよかった。
    私は中堅とはいえ、まだまだ新人です。もう一度初心をふりかえり、がんばりたい。
     
  • 感想 : 以前はロープレの必要性についてあまり認識がなかったが、本書を読んで大変参考になった。
    現在、担当している仕事(事務指導等)にも活かしてまいりたい。
  • 感想 : 基本的な考え方からわかりやすく書かれており、参考になる点が多かった。
  • 感想 : 私は今年度から本格的に投信販売に携わるようになりました。
    投信をお客様にご案内する最初の段階について、わかりやすく学ぶことができました。
    明日から、もっと積極的にご案内できる気がします。
  • 感想 : 目先のテクニックにとらわれることなく、
    地道で普遍的な仕組み、構造をしっかり押さえることができました。
  • 感想 : 新入行員ですが、アフターフォローなどの際に参考にさせていただいています。
    わかりやすく、少しずつ自信がついてきました。ありがとうございます。
  • 感想 : 投資信託を販売するために必要な知識が、わかりやすくまとめられている。
    意外と自分が理解できていない部分もあり、読んでよかった。
  • 感想 : 項目別にまとめられており、自分の弱点とする箇所の克服方法がわかりやすくまとめられている。
    マンガ、イラスト入りで読み通すのも疲れない。
  • 感想 : 投信セールスを行う上で、お客様に納得していただくためのアイデア、
    ノウハウが網羅的に書かれており、大変参考になった。
  • 感想 : 学ぶ人、学ぶ所がない中で、アイデアをいただきました。
  • 感想 : 自身の「ものの言い方」に自信を失っていたのですが、本書の拝読により目から鱗が落ちました。
    私の「ものの言い方」に新風をもたらしてくださったことを感謝申し上げます。
  • 感想 : 現場のリアルな状況、相手の反応などが細部にわたって書かれているので
    大変参考になった。後輩指導にも役立っている。
  • 感想 : 普段、渉外活動中に「こういう場合、どのように言えばいいだろうか」と思うことがあります。
    こうした疑問への対策がしっかりと載っていたので、実践したい。
    上司・先輩にはなかなか聞きづらいことを本書で解決できました。
  • 感想 : 現場で必ず出てくる場面で「どのようにものを言えばよいか」がズバリ書かれており、
    大変参考になりました。よく後輩から「○○のようなときはどうやって答えればいいですか?」
    と質問され、自分の経験だけで答えていましたが、本書の中に同様のケースがあり、
    後輩に伝えると大変感謝されました。
    営業に出たばかりの若手の渉外担当者にはぜひ本書を読ませたいです。
  • 感想 : 具体的な場面ごとに話法が解説されており、ぜひ研修の「バイブル」として使いたい。
    若い職員にも紹介してみたいと思う。
  • 感想 : 現場での具体的な事例があることにより、今日から使える
    「ものの言い方」を学ぶことができました。
  • 感想 : 言い回しとは、とても大切なものですね。
    言い方によって、受ける印象がだいぶ違うことに気づかされました。
    仕事にはもちろん、プライベートでも使える本だと思います。今後に役立てたいです。
    もっと早くこの本を知っていればよかったと思いました。
  • 感想 : キンユウキカンに求められている「事業性評価」の進め方について実例の紹介が載っており、わかりやすかった。
    取引先の実態に即して、本書の教えを活かしてみようと思った。
  • 感想 : 融資の仕事に携わっているため、非常に勉強になった。
    また、近年の「事業性評価」に求められるレベルが高くなっていると感じるため、要点を押さえてあるこの本は今後の参考になる。
  • 感想 : 金融機関で、融資を担当する部署に所属しています。
    事業性評価を組織全体に浸透させるには、まだ時間がかかると感じています。
    部下に指導する際のヒントを得ることができました。
  • 感想 : 事業性評価に注目が集まり、関連書も多く出ているが
    内容について漠然とした説明や表面的なものが多い中で
    本書は具体例を挙げて解説するなど、細かなところまで示し、且つ、
    より金融機関に近い立場で説明されており、とてもわかりやすく感じました。
  • 感想 : 事業性評価の必要性に加え、地方銀行として取引先・地域に対する
    コミットメントの重要性を改めて考える良い機会になった。
  • 感想 : 事業性評価に基づく融資の進め方について、細かく具体的な説明がされており
    実務として取り組んでいく際に大変参考になった。
  • 感想 : この本を読み、事業性評価を行うことが融資ネタになるだけでなく、
    お客様の問題解決にもつながり、お互いがウィンウィンの関係を
    築き上げることになることを確認しました。
  • 感想 : 地域金融機関として今一番求められている「事業性評価」について
    深く勉強することができた。実践で活かせていけそうです。
  • 感想 : 旬な題材であり、内容はとても理解しやすい。
    若手・中堅行員の自己啓発ツールとして一読を勧めたい。
  • 感想 : 事業性評価といってもどう対応すればよいかわからなかったが、
    本書は具体的な方法を教えてくれてためになった。
  • 感想 : 私が勤務する金融機関でも「ソリューション営業」が重要課題となっている。
    本書を読み、いろいろな方法で提案が可能であることがわかりました。
    今後の活動に活かしていきたいです。
  • 感想 : 年金の知識がなかったので、すごくわかりやすく、今後に役立てていきたいと思いました。
  • 感想 : 「口座獲得に向けた実践Q&A」の章は大変おもしろかったです。
    「口座獲得につながるトーク」の章では全編のおさらいができ、
    理解もしやすかったです。
  • 感想 : 年金推進のタイミングや、話法について非常に参考になった。
  • 感想 : 年金推進のための基礎知識がコンパクトにまとめられていて、わかりやすかった。
    年齢ごとの推進のためのトークも大変参考になった。
  • 感想 : 金融機関に勤務していますが、この本は大変感動的であり、これからも取引先のために知恵を絞ってがんばろうと思いました。
  • 感想 : 一生懸命読みました。仕事をしていて、思うようにならない毎日の中で、自分は、どこが悪くてどうあるべきか、原点
    に戻れる本でした。
    ただ、現実は厳しいものです。上司と部下に、気持ちの行き来はありません。
  • 感想 : 現代の金融機関業務においても通じる普遍的な考え方が網羅されており、大変参考になった。
  • 感想 : マイナンバー取扱い上の要点がわかりやすく解説されていて、大変参考になります。実務に即しています。
  • 感想 : お客様との具体的なやりとりが載っていて、とても参考になりました。
  • 感想 : 活字の大きさ、分野ごとのわかりやすさで読みやすい一冊でした。
    まさに、心の声を言葉にしてくださった一冊で、楽な気持ちで拝読できました。
  • 感想 : お客様の本当のニーズを引き出すことの大切さが
    よくわかりました。実践的でとてもためになりました。
  • 感想 : お客様本位の営業ができていないのではないか…という
    不安を分かってくれている感じがしてよかった。
  • 感想 : 新しいルールでわかりにくいことが、こちらの本で丁寧に解説されており
    理解することができました。業務に生かすことができています。
    困ったときは必ず開いて読ませていただいています。
  • 感想 : 事業性評価のみでなく、経営者保証、ベンチマーク等の当局の意向や
    改修面での実務におけるメリハリ、ノウハウが満載されていてよかった。
  • 感想 : 実際に現場で取り組んでいる融資推進を考えるうえで気づかなかった点もあり、
    部下のモチベーションアップにもつなげられる内容だった。
  • 感想 : 現場目線での戦術がよくまとまっており、大変参考になりました。
  • 感想 : 支店長として、知識・経験・判断能力等が未熟であると
    痛感させられました。本書を有効に活用します。
  • 感想 : マイナス金利下における融資増強のために、支店長が知っておくべき
    知識が満載だった。本のタイトルどおりの内容だと思う。
  • 感想 : 2年ぶりの営業現場復帰で試行錯誤している中で、永年のテーマであった
    「全員営業」と「全体最適」の両方のヒントを同時にいただけたことは
    非常にありがたかった。さっそく具体的に取り組む意欲が湧いてきた。
    全店に広げるモデル店となるため、活用させていただきます。
  • 感想 : 全員営業においては、管理する側の役割が大切であると思った。
    「動機づけ」と「最適化」の思考が必要。
  • 感想 : 現在進行形で、店舗長としてこの課題に取り組んでおり
    今後の推進活動の参考にしたいと考えます。
  • 感想 : カラフルでわかりやすく、内容も濃く、バイブルにしたい。
    今後の制度改正を踏まえた改訂版を期待!
  • 感想 : シミュレーションなどがわかりやすく、大変参考になった。
    「働き方」以上の情報も盛り込まれていて、勉強になる。
  • 感想 : 将来設計を考える上で非常に役立った。
    自分にとってはまだ先のことだが、この本の情報を頭に入れておくことで
    将来のプランが異なってくる。
  • 感想 : 普段仕事で取り扱っている投信、DCについて、なかなか得ることが難しい
    他商品との違いについての知識(税制上の比較、制度上のメリット・デメリット)が
    わかりやすく表になっているなど、大変参考になりました。
  • 感想 : 提案・推進セールスをするにあたって、様々な商品を比較検討する考え方が
    身についた。部下への説明にもとても役立っている。
  • 感想 : 本書を読み、金融機関の業務が、今後は金融サービスのみならず
    総合サービス業へと変わっていくであろうことを感じた。
  • 感想 : 最近よく聞くようになった「フィンテック」について、深く知りたかったので購入しました。
    ポイントを絞った要点解説と図解で大変わかりやすかったです。
  • 感想 : 子ども向けの本とのことですが、大人でも知らないことばかりでした。
    (子どもが小さいうちはまだわからないかも…)
  • 感想 : 私は中小企業の期中管理(リスケ先対応)を担当しており、本書は大変参考になった。
    金融円滑化終了後の業務の本質について考える良い機会となった。
  • 感想 : 事業性評価という定性面について、金融機関および事業者の目線を理解することができ、非常に役に立った。
  • 感想 : 初心者でもわかるようにやさしく解説されており、わかりやすかった。
  • 感想 : 現在の仕事に直結する内容であり、とても参考になりました。
  • 感想 : 専門知識が実戦形式で解説されており、大変参考になる。
    業務をしながら辞書のように使用させてもらっている。
  • 感想 : まさに「実戦的」な内容。傍らにおいて常に参照することにしたい。
  • 感想 : 文章が会話形式になっているため読みやすく、理解がしやすい。
  • 感想 : 交渉過程が対話形式で非常にわかりやすい。
    稟議書の記載内容も要点がつかみやすく、今後活用できそう。
  • 感想 : 筆者が実際に経験した事例を交えて解説しているので、信用金庫業務の糧となりました。
    このような現場の事例を交えた本をもっと読みたいと思いました。
  • 感想 : 以前、同じ著者の「中小零細企業の融資判断事例集」を読み、大変参考になったので
    こちらも読ませていただきました。信用金庫にて融資の審査担当をしていますが、判断に迷ったときは
    著者の本を参考にしています。本書の内容もすばらしく、今後の役に立ちそうです。
  • 感想 : 勤務先でのロールプレイング大会のためにと購入しました。
    当たり前と思ってやっていた1つひとつのことをきちんと見直すことができ、
    ロールプレイング大会及び日常業務に活かすことができました。
  • 感想 : とてもわかりやすく、実践的にまとめられていて
    すぐに行動に移せるので、大変ありがたい本です。
    応酬話法はそのとき、そのときで使い分けが難しいですが、勉強になりました。
  • 感想 : すごく使えます!! 店頭セールスがあまりうまくいっておらず、
    お客様との会話が続かないことが悩みでした。
    言葉の言い回し1つで印象が変わるので、参考にさせていただきます。
  • 感想 : とても学びやすい構成になっている。法律用語の説明や実際の登記手続きのことが、申請書類のサンプルなども記していてわかりやすい。
  • 感想 : 登記記録例の記載が多く、説明箇所の番号がついているので
    本文を読みながら参照するのが容易にできた。
    説明もやさしい言葉で書かれており、飽きずに読み進められた。
  • 感想 : 簡単なことから専門的なことまで記載されているので、
    この一冊があれば、登記簿の見方に悩むこともなさそうです。
  • 感想 : 基本から学べて、後輩指導にも活用できる本だと思う。
  • 感想 : 言葉により人が育つことを学び、自分も部下に声かけしていきたくなりました。
  • 感想 : 自分も役職者ですが、部下とのコミュニケーションが不足しているのが実状です。
    この本を参考に、自分の経験を部下に伝えていけたらと強く思いました。
  • 感想 : 忘れていた熱い気持ちを呼び起こしてくれた。
  • 感想 : 核心をついている面白い読み物。実践的であり、良き反省材料にもなる。
  • 感想 : 「なるほど」と響く言葉が多く、夢中で読めた。
  • 感想 : 大内修氏の著作は心に響きます。若手金融マンの励みになるでしょう。
  • 感想 : とても参考になりました。融資関連の本は何冊も持っていますが、
    一番読みやすく、実務に活かせる内容であったと思います。
  • 感想 : リアルな内容がとても参考になりました。何度でも読み返したくなります。
  • 感想 : 融資業務において、判断のヒントになる事例ばかりで参考になった。
  • 感想 : メガバンクの判断基準と信金の判断基準にあまり違いがないことがわかった。
  • 感想 : 項目が細かく分かれていて、わかりやすかったです。
    図や表も多く、読みやすいと思いました。
  • 感想 : 現在の業務内容に沿った書籍で、大変参考になりました。
  • 感想 : 基本となることが正確に記載されており、わかりやすい。
    本来の住宅ローンの目的、ポリシーといったことを見直すことができた。
  • 感想 : 実務にすぐ役立つ内容。日常業務をブラッシュアップできる実践書だと思う。
  • 感想 : これから高齢の方への対応が難しくなっていくと思われますので、大変参考になりました。
  • 感想 : 特に難しいことをするというわけではないので、「私にも法人営業ができる」と自信がつきました。
  • 感想 : 大変わかりやすくまとめられていて、内容も興味深かった。買ってよかったです。
  • 感想 : 今の時代に合った生保営業の手法がわかりやすく説明してあり、ためになった。
  • 感想 : 新人からベテラン営業マンまで使える一冊。やさしく、わかりやすい。
    何度も読んでマスターし、法人営業に挑戦したいと思います。
  • 感想 : わかりやすく実践的。セミナーを聴いている感じでスラスラ読めるところが良い。
  • 感想 : 支店長経験が浅く、職員の指導が難しいことを実感しています。
    本書を読んで、少しでも支えになればと思い購入しました。
    実行できていないことも多く、再度、一から出直すつもりで取り組んでいこうと思います。